これさえ知っとけばOK!潤い肌のためには「顔を洗う順番」が重要

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌の基本は、“保湿”。水分や潤いで満たされている肌は、キメ細かく透明感やハリがあり、しわやたるみができにくいです。どんなときも保湿を意識したいところ。

しかし、化粧水は意識しているのに、洗顔には特にこだわっていないという女性は少なくありません。

毎日行う洗顔は、しっかり行えていないと汚れや角質が肌表面にたまり、その後に使う化粧水の浸透を妨げます。また、適当に行うと洗うたびに肌の潤いを取り去り、乾燥してキメが粗くなってしまうことも。

そこで今回は、お手入れの基本、潤いを残す洗顔のコツをご紹介します。

 

■1:洗いすぎはNG! 基本は朝晩の2回で十分

一日に何度も洗顔する人は要注意。洗いすぎることで、肌にとって必要な油分まで取り去ってしまう可能性があります。基本的には、朝晩の2回で十分です。

しかし、運動をして汗だくになったり、皮脂でベトベトになったときは洗い流した方がよいです。

 

■2:“まずは手洗い”がモコモコ泡のポイント

手に汚れや油分がついていると、その後に使用する洗顔料が泡立ちにくくなってしまいます。まずはハンドソープで手を洗いましょう。

 

■3:30~35度のぬるま湯で洗う

熱すぎるお湯で洗うと必要な油分まで取り去り、乾燥を招きます。しかし水で洗うと、汚れが十分に落ち切れません。一般的に、皮脂が溶け出す温度は、30度以上だと言われているので、30~35度程度のぬるま湯で洗うのがおすすめです。

 

■4:しっかりと泡立て泡を転がして洗う

多くの洗顔料は、泡立てることを計算して作られているので、泡立てずに使用すると肌への刺激となり、乾燥を引き起こしやすくなります。しっかり泡立ててキメ細かい泡で洗うと、泡の表面が肌の上を転がり、毛穴などに入り込んだ汚れまでしっかり吸着することができます。

泡立てはコツをつかめば、1分もかけずにキメ細かい泡を作ることができます。『美レンジャー』の過去記事、「1分で魔法の泡立ち!ネットを使わず“肌によい洗顔泡”をつくる技」を参考に、モコモコでキメ細かい泡を作ってくださいね。

 

■5:泡はTゾーンからのせてUゾーンはサッとでOK

皮脂が多いところから洗うのがポイントです。額、鼻、顎といったTゾーンから泡をのせて洗い、最後に頬や目元を丁寧に、かつ時間をかけずに洗います。

頬や目元などの油分が少ない部分は、長時間洗顔料を肌にのせると乾燥しやすいので、皮脂が多い部分から洗うようにします。

 

■6:すすぎはゴシゴシ擦らない

すすぎで肌をゴシゴシ擦るのはNG。やさしく泡を落とすようにすすぎます。すすぎ残しは、肌トラブルの原因になるので注意です。タオルでの拭き取りの際も擦らず、タオルで水分を吸い取るように、やさしく拭き取って終了です。

 

以上、潤いを残す洗顔のコツをご紹介しました。洗顔後は早めに保湿して、肌の潤いをさらにキープしてくださいね。

 

【関連記事】

皮脂分泌増加!夏の毛穴トラブルを回避する「正しい洗顔メソッド」

知らなきゃ大損!いつもの化粧水を「10倍浸透させる」4つのコツ

「洗顔後30秒以内」の化粧水でシミ・シワ・毛穴問題すべて解決!

※ 【動画あり】なりたい印象別に使い分けるビューラーテク裏ワザ

 

【姉妹サイト】

※ メリットだらけ!働き女子にこそ「エクササイズが絶対必要」な理由6つ

※ Hey! Say! JUMP、ジャニーズWESTが水曜深夜に生番組MCに挑戦