月経前「舌打ちイライラ女子」にならないためのたった3つの心得

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急にイライラしたり、つい「ちっ」と舌打ちしてしまうことはありませんか? 女性は、特に月経前は短気になったり、恋人や家族と喧嘩しやすくなったりすることが多いようです。

月経前にイライラしてしまう原因の1つに、ホルモンのテストステロンの分泌が挙げられます。

今回は、パーソナルトレーナーでもある筆者が、ホルモンバランスを整えるとっておきの方法をお伝えします。

 

■月経とホルモンバランスの仕組み

女性は、卵巣からエストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されています。その仕組みの中で、月経前は女性ホルモンの分泌が減少することで、テストステロンが自然に優位になるようになっています。テストステロンは男性ホルモンの1つで、これが優位になると攻撃的になったり、イライラ怒りっぽくなったりするのです。

また、テストステロンの分泌は自律神経バランスの乱れが影響します。現代人は毎日のように遅くまで仕事をしていることや、運動不足などから自律神経バランスが乱れがち。月経前の女性ホルモンの減少は抑えることができませんが、自律神経のバランスを整えることで月経前のイライラを軽減させることが可能となります。

 

■穏やかな心でいるための3つの法則

自律神経とホルモンは深い関係があり、自律神経バランスが整うと、ホルモンバランスが整いやすいという性質があります。この点を利用し、自律神経バランスを整える3つの法則をご紹介します。

(1)月経前はスイーツを我慢する

甘い物やジャンクフードの常備・暴食は、血糖値をジェットコースターのように急激に上げ下げさせ、自律神経バランスが崩れやすくなります。特にホルモンバランスが悪くなる月経前だけは、スイーツを食べることを我慢してみましょう。市販のスイーツの原材料は、ホルモンバランスを崩す原因となる成分が使われていることもあるため、できる限り控えることをおすすめします。

(2)昼間に適度な運動をする

自律神経には緊張・興奮の交感神経、休養・リラックスの副交感神経がありますが、自律神経を整えるには、昼間は高い交感神経、夜は高い副交感神経である必要があります。まずは、高い交感神経を作るために、日中、適度な運動をするように心がけましょう。会社のトイレ休憩のときに軽く肩を回したり、階段を利用するなど、日常的に運動を行います。寝る前の運動は、自律神経バランスの乱れの原因となるので行わない方がよいです。

(3)好きなアロマを嗅ぐ

夜寝る前に、リラックスしながら好きなアロマを嗅いでみましょう。香りは自律神経を司る脳の視床下部に直接作用するため、自律神経バランスが整いやすくなります。排卵期ではなく月経前に、心が落ち着く精油を選ぶとよいでしょう。

 

月経前でも常に穏やかな女性でいられるよう、今日からぜひ実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 「感じ悪い」と言われる人必見!イライラを抑える魔法の食材とは

※ イライラは「アレの不足」が原因!ストレスから抜け出す簡単な方法

※ 女性が「頭痛・イライラ」に悩んでしまうNGなヘアスタイルとは?

※ 彼にやさしくできない原因はこれ!イライラを抑える4つの処方箋

※ 【動画あり】メイク持ちが超UP!崩れないリキッドファンデの塗り方

 

【姉妹サイト】

※ これでサクッと眠気解消!オフィスで誰にもバレずに5分だけ寝る方法

※ 2人に1人が「マウンティング」経験者!現実もドラマ同様ドロドロ