外国人が「変わってるなぁ」と思う日本では常識の習慣あるある!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの周りにも、外国人のお友達がいませんか? かなり欧米化されてきた我が国ですが、彼らが来日時に期待するのは、日本文化に触れることでもあるようです。

しかし実際に来日して現状を知ると、驚く人も多いとか。一体何に驚いているのでしょう? そこで今回は、外国人が「変わってるね!」と思う、日本の現状を指摘してもらいました。

海外や英語に興味のある人は、『美レンジャー』の姉妹サイト、『BizLady』の過去記事「調子に乗って使うと”外国人がドン引きする”英語の間違った使い方3つ」も読んでみてくださいね。

 

■1:正論を言ってるだけで毒舌!?

「日本のTVタレントは、図星を突くと”毒舌”と、もてはやされます。”本当はいい人”という人物像が加わるとさらに人気者になるのは、日本文化がとても婉曲だからだと思いました。誰もが率直な欧米ではこのくらいでは毒舌にならない、もうひとひねりしないと、人気者になれないかも?」(アメリカ人・27歳)

毒舌になるには、それなりの知識と明晰さが必要です。 場の空気を読むことが強要される日本では、そんなキャラクターになりきるのは、勇気が要りますよね。どんな人物が人気者になるのかは、文化が表れやすいものかもしれません。

 

■2:日本映画に欠かせないのは使命

「日本映画では生死に関わる選択をする場面で、”自分はこのために生まれてきた、これが私の使命だ!”と、死を選んでも仲間を助けるという物語がとても多いです。それからクライマックスまで、なかなか本音を言わないという特徴もありますね。ネガティブな感情を口にしたら、関係が終わってしまうのでしょうか」(ドイツ人・31歳)

愚痴や文句はあえて言わないのが美徳、という考え方がありますよね。そんな発言をするときには、ケンカ腰になる日本人は確かに多いのかも!?

外国人がそういった姿を目にすると、「ネガティブな本音を言ったら最後、嫌われる」と思っているように映ることがあるようです。

 

■3:生徒が掃除をするの!?

「アメリカでは掃除専用に人を雇って清掃してくれるので、先生と生徒が毎日一緒に掃除をすることを知ってびっくりしました」(アメリカ人・34歳)

確かに日本の学校は勉強だけでなく、協調性も学ぶ場所という考え方があります。「使わせてもらっている教室に、感謝の気持ちを込めて掃除しましょう」なんて話す先生もいそうですよね。欧米人には理解しづらいのかもしれません。

 

いかがでしたか? あなたのお友達に外国人の方がいたら、話題にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

発音が似てて要注意!外国人が首をかしげる「誤解を招く」日本語

日本女子が思わず苦笑…外国人がやっちまったNGな「漢字タトゥー」

何故そんな風に?外国人が「う~ん微妙」と思う日本女性のメイク

誤解を招く…外国人が「日本であら不思議?」と疑問に思う行動3つ

※ 【動画あり】メイク持ちが超UP!崩れないリキッドファンデの塗り方

 

【姉妹サイト】

※ やるならとことん!「キャリアと家庭の両立」に大切な3つの指針とは

※ イケメン漁師に注目!「カッコよくて稼げる漁師」の最強チームが発足