思わず近寄らないでと言いたくなる「ブツブツ毛穴」をケアする方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の疲れが肌にあらわれ始める今の季節。毛穴が開いて肌表面がデコボコしていたり、古い角質、角栓がたまってゴワつき、くすんでいるとお悩みの方は多いのでは? それに加えて、この時期特に深刻なのが、紫外線を浴びて角栓が酸化する”黒ずみ毛穴”です。これらの毛穴トラブルがあると、見た目年齢は上がるし、スキンケアを適当に済ませていそうだと思われるし、さらにはこの秋流行の深みのあるカラーを使ったメイクが沈んで台無しになってしまうし、悲しいことばかり……。

そうならないためにも、毛穴ケアはしっかりとしておきたいところ。しかし、「黒ずみを落としたいから」「毛穴を引き締めたいから」といって、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料でゴシゴシ洗いをしてしまっては、逆効果です。では、毛穴トラブルを抱えた肌は、どのようにお手入れをするのが正解なのでしょうか。

 

■1本6役美容液クレンジングで多方面からアプローチ!

 

毛穴や肌のゴワつき、ザラつきをケアしようとすると、つい力が入ってしまうもの。または、過剰な洗顔などの影響により、乾燥を招いてしまうこともあります。そのため、「毛穴ケア=乾燥は付き物」だと思っている方も少なくないはず。

そんな方に試していただきたいのが、美容液成分99,3%配合のクレンジング『モイストゲルクレンジング』を使った毛穴ケアなのです。気になる特徴は、下記のとおり。

(1)99,3%の美容液成分で肌に優しくメイクをオフ

『モイストゲルクレンジング』は、美容液成分99,3%配合のクレンジングです。使われている保湿美容成分は、天然ナノセラミドやCoQ10、3種のヒアルロン酸をはじめとする42種類。まさに、保湿成分のみでクレンジングをしているといえます。

さらに、ドクター監修という点や、防腐剤、鉱物油、着色料、香料、石油系界面活性剤、アルコール、旧表示指定成分無添加だという点でも安心して使うことができます。

(2)こんにゃくスクラブで毎日穏やかに毛穴ケア

『モイストゲルクレンジング』のもう一つの特徴は、こんにゃくスクラブが使われているところです。赤ちゃんスポンジにも使われるこんにゃくは、角質や毛穴、皮脂汚れを吸着してオフしてくれます。保湿成分でメイクを、こんにゃくスクラブで毛穴汚れや古い角質を落とせるので、W洗顔は不要! 舞台メイクとして使われる強力なドーランまで落とせてしまうというのだから、リキッドファンデーションでしっかりメイクの日にもこれ1本で十分ですよね。それなのに、W洗顔時と比べて約5倍も肌が乾きにくいというのは(リ・ダーマラボ調査)、本当に優秀!

これだけ肌に負担が少ないのに、クレンジング、洗顔、保湿や毛穴、角質ケア、マッサージと1本6役も果たしてくれるなんて、家事や仕事に追われる女性には、嬉しい限りです。最後に、筆者が『モイストゲルクレンジング』を使ってみた感想をお伝えします。

 

■こんにゃくスクラブに病みつき! 『モイストゲルクレンジング』の使用感とは

帰宅後すぐにメイクをオフしたい筆者にとって、クレンジングのテクスチャーや香りは重要なポイントです。まず、モイストゲルクレンジングのテクスチャーですが、伸びが良くて柔らかい! 

そしてこんにゃくスクラブのプニプニを感じることができます。スクラブといっても、刺激や不快感はなく、むしろ肌のうえで優しく転がる感触が心地良く感じられました。これが、「毎日使っても大丈夫」だと安心できた一番の理由です。今では、他のクレンジングでは物足りないと感じるくらい、こんにゃくスクラブの使用感にハマっています。

次に香りです。『モイストゲルクレンジング』は、柑橘系のフレッシュな香りがするので、疲れやイライラがスッと収まるようなリラックス効果を得られました。ストレスを抱えて帰宅した後の「ドカ食い!」したいという気持ちも沈められ、ダイエット効果が得られたのも喜びの一つ。

クレンジングを洗い流した後の肌に触れてみると、ザラつきが軽減されているのに、表面はしっとり。通常のクレンジング、洗顔では落としきれない小鼻の黒ずみやあごのザラつきは、1回の使用でも改善がみられたので感動。

使い続けることで、肌のトーンも明るくなり、「日焼けのせいで肌が黒いのだ」と思っていたのが、実は黒ずみ、くすみが溜まっていたのだということもわかりました。1,000名アンケートから、「こんなクレンジングが欲しかった」を実現したというのにも納得です。

今なら、『モイストゲルクレンジング』を購入した方に、もう1本プレゼントするというお得なキャンペーン(初回限定)がおこなわれているので、試してみるチャンスですよ。

 

夏の肌疲れを引きずっていては、秋口には魅力が半減してしまいます。毎日のお手入れで、流行りのメイクが映える肌をキープしませんか?

 

【参考】

『モイストクレンジングゲル』 – 株式会社リ・ダーマラボ