顔の上でも「悪玉菌vs.善玉菌」の戦いが!悪い菌を増やさない掟

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいて、健康に保つためには善玉菌を増やすことが大切だと、多くの人が知っているでしょう。それと同じように、私たちのお肌の上にも菌が存在して、肌に良い善玉菌と悪さをする悪玉菌がいると知っていますか? 

肌荒ればかり起こしているなら、悪玉菌が増殖して善玉菌とのバランスが崩れているに違いありません。

今回はそんな、お肌に存在する善玉菌と悪玉菌についてご紹介しましょう。

 

皮膚にも”常在菌”がいる

腸に菌が常在しているのと同じように、顔にも体にも全身のお肌に常在菌がいます。常在菌は皮膚上の皮脂や汗をエサに生息しており、空気中に存在する花粉やカビ、病原性の微生物などが皮膚についたときに、それらから体を守ってくれる役割もあるのです。

さらにその菌の中には肌にとって良い善玉菌と、良くない悪玉菌が存在します。善玉菌には表皮ブドウ球菌などが、悪玉菌には黄色ブドウ球菌、アクネ菌などがあり、善玉菌が多く存在するほど美肌になり肌年齢も若くなるのです。

 

美肌には善玉菌と悪玉菌のバランスが重要

悪玉菌をゼロに排除することは難しいですが、美肌のためには善玉菌と悪玉菌のバランスが大切です。たとえば、ニキビの原因となるアクネ菌は常に肌に存在しますが、善玉菌も多く存在していれば影響を受けません。

しかし肌表面が不潔になるなど、アクネ菌が増殖する環境を作ってしまうと、ニキビを作り出してしまうのです。

 

善玉菌を増やすためにできること

皮膚を洗いすぎると、たくさんの善玉菌が流れてしまいます。そのためダブル洗顔や、洗顔料、ボディソープを使って洗いすぎることは避けましょう。ゴシゴシと強くこするのも善玉菌を流し、さらに肌表面を傷つけてしまいます。

メイク落としはお肌にやさしいクリームタイプ、ミルクタイプがおすすめで、洗浄力の強いオイルタイプは避けた方がベター。

お肌が乾燥したり荒れて調子が悪いと思ったりしたときは、石鹸などの使用をストップしてぬるま湯だけでやさしく洗い流すだけにすると、お肌に必要な善玉菌がキープされて少しずつ調子が戻ってくるでしょう。

 

菌がいるのは、決して不潔なことではなく当たり前です。ただしその中で良い菌を増やして、上手に付き合っていくことが美肌の近道です。

 

【関連記事】

【動画あり】のっぺり顔卒業!立体感と美肌を作る「コンシーラー」術

泣くだけでOK!今話題の「涙活」は美肌・ダイエットにも効果的

もうすっぴんでドン引きされない!素肌力を高める方法3つ

善玉菌わんさか!腸がみるみる美人になる魔法の食べ物3つ

腸内環境を整え代謝UP!「ダイエットや便秘によい」10の食材

 

【姉妹サイト】

※ 続けたい人約9割!夏枯れに「ベジスムージー」の絶大な健康効果とは

※ ニラ&ヤマイモが大活躍!彼の夏バテ&性欲減退対策に”効く”レシピ大公開