即やりたい!「生理前のむくみ」をスッキリ解消する5つの必勝法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理前のいや~なむくみ症状に悩む女性は、少なくありません。むくみがヒドイと、見た目もぽっちゃりして見えるので、余計にイライラしてしまいますよね。生理が始まればむくみも軽減されますが、少しでも早くスッキリさせたいものです。

そこで今回は、生理前のむくみ解消につながる習慣を5つご紹介します。

 

■生理前にむくむのはなぜ?

生理前になると女性ホルモンの一種である、プロゲステロンの分泌が活発になります。この物質は妊娠に向けての環境を整えるために、栄養や水分を体内に溜め込もうとする働きがあります。これが生理前のむくみの原因なのです。

 

■生理前でもむくまない体になる5つのポイント

(1)基礎代謝を上げる

生理前は、体が冷えやすく血行不良になりがちです。代謝も落ちるため、よりむくみやすくなってしまいます。大切なのは体を温めて血行促進、代謝UPを意識すること。体を冷やさないよう注意し、排卵日から生理前までは半身浴を積極的に行うなど、湯船に浸かるとよいです。

(2)水分摂取をしっかりと

むくみやすい時期だからといって、水分を控えるのは逆効果。体が水分不足になると便秘、肌荒れを招き、代謝が落ちることで太りやすくなってしまいます。体を冷やさない常温や温かい飲み物で、しっかり水分摂取することが大切です。甘い飲み物はむくみを増長させるので、お水やお茶がおすすめです。

(3)下半身のストレッチを取り入れる

脚は筋肉の収縮で血液を体中に循環させることから、第二の心臓とも呼ばれています。脚の筋肉を使うことで血行がよくなり、余分な水分の排出が促進されます。生理前はエスカレーターよりも階段を積極的に使用したり、寝る前にスクワットや柔軟体操などを取り入れたりするとよいです。

(4)塩分や甘い物などを控える

塩分が多いもの、甘い物、お酒は控えた方がよいです。塩分や糖分が多い食べ物は、たくさん摂取することで体が水分を溜め込もうとします。また、お酒を飲むとアルコールを排出するために、利尿作用が働きます。それと同時に、血中の水分不足を防ぐために体は水分を溜め込もうとし、むくみやすくなります。特に生理前は、プロゲステロンの影響で食欲が増進するので、ドカ食いしないように注意が必要です。

(5)生理前に積極的に摂りたい食べ物

水分の排出を促してくれる、カリウムを豊富に含む食べ物を摂取するとよいです。特に豆腐、納豆、豆乳といった大豆製品がおすすめ。その他、パセリやアボカド、ホウレン草にも多く含まれています。ただし、これらだけを極端に食べるのではなく、バランスよく食事に取り入れるのが理想です。

また、コーヒーは、カリウムの働きを抑制してしまいます。生理前はなるべく控え、量を減らしてみてはいかがでしょうか。

 

以上、生理前のむくみ解消につながる習慣をご紹介しました。毎月生理前が憂鬱……という人は、ぜひ意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

おなかポッコリの元凶!? 女性を悩ます「生理前便秘」ってなんだ

眠いのは生理のせい?月経周期が「睡眠とお肌」に影響を及ぼすワケ

これはアウト!生理痛をさらに重くする「避けるべき食べ物」4つ

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技

今すぐ見直して!「生理痛をひどくする」間違ったNG習慣5つ

 

【姉妹サイト】

※ 本当にうまい?アメリカでは今「コーヒー味のポテチ」がトレンド

※ 手軽に栄養価をアップさせる秘訣!お弁当に「ちょい足ししたい」雑穀3つ