捨てないで!全身ツヤピカにする「余った乳液」意外な活用法とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌に合わなかったために放置中、あるいは最後まで使い切れずに残ったままの乳液はありませんか? いろいろと使わなくなった理由があると思いますが、まだ残っている化粧品を処分するのには、少し抵抗がありますよね。

しかし、乳液はお肌にのせるだけではなく、他にもたくさんの用途があるのです。そこで今回は、知らなきゃ損、“余った乳液の活用術”をご紹介します。

 

■1:スキンケア・角質ケアに使用する

塗るとベタベタしてしまうという理由で使わなくなってしまった乳液は、さっぱりタイプの化粧水と混ぜて使うとよいでしょう。

また、変質はしていないものの開封後時間が経ってしまい、顔に使うには抵抗のある乳液を消費するには、ひじやひざ、かかとの角質ケアにたっぷりと使うのもおすすめです。

 

■2:ファンデのヨレなどメイク直しに使う

お肌の乾燥からくるファンデーションのヨレなど、メイク崩れを直すときに乳液はとても役立ちます。保湿を与えながらお肌を柔らかくし、軽いメイクオフが可能なのです。保湿とメイクオフが同時にできるので、その後のメイクノリがよくなります。

また、メイク落としを使うよりも、お肌に優しいというところも利点ですね。

 

■3:ヘアトリートメントや寝ぐせ直しスプレーに

洗髪後、乾燥が気になる毛先や頭皮になじませるだけです。乾いた髪に使う場合は、様子を見ながら少しずつつけていくのがよいでしょう。

また、水で薄めてスプレー容器に入れれば、寝ぐせ直しスプレーとしても使うことができます。朝のパサついた髪の毛をしっとりさせることもでき、一石二鳥ですね。

 

■4:ミルク風呂にする

浴槽のお湯に乳液を足すだけで、ミルク風呂が完成します。足湯やかけ湯の場合なら、少量のお湯と乳液で済むので、かかとの乾燥が気になる方、ボディクリームを塗ることが面倒な方にはおすすめです。

でも、ミルク風呂の残り湯は洗濯物に使わないようにしてくださいね。

 

いかがでしたか? 乳液はフェイスケア以外にも、こんなにも万能アイテムとして使用できることに驚かれたのではないでしょうか。一度スキンケアの整理も兼ねて、実践してみてください。

 

【関連記事】

※ 乾燥肌だけじゃない!オイリー肌にも効果アリの時短オイルパック

※ ボディクリームはNG!乾燥した「ガチガチかかと」の正しいケア法

※ 脂性やニキビで悩む方!「朝クレンジング」で肌質改善が叶うワケ

※ 直視できない!目元の皮膚が「シワシワになっちゃう」NG行為4つ

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

 

【姉妹サイト】

※ 備えるなら今すぐに!「知識労働者の時代」を生き抜くための仕事のヒント

※ 痩せたいアメリカ人達に大ハヤリ「大人の障害物競走」ってなに?