女性なのに男性並に「うじゃうじゃ体毛」が生えてくる原因って?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「女性の肌はムダ毛がなくツルツルしていて欲しい」と願う男性は多いですよね。そのため、カミソリや毛抜き、除毛クリームを使ったり、エステで脱毛をしたりと、ムダ毛処理には余念がないという女性は多いはず。

ところが近頃は、「日に日に毛が濃くなってきた気がする」「男性のような、固くて太い毛が生えてきた」と、自分の体毛の変化を感じる方が急増しているといいます。実はそれ、男性ホルモンの分泌が増えているということが原因だとご存知ですか?

そこで今回は、女性なのに毛深くなってしまう、男性ホルモンの分泌を増やす習慣についてお話していきたいと思います。

 

■意外とやりがちな男性ホルモンの分泌を増やす5つの習慣

体毛が濃くなる原因は、男性ホルモンと深い関係があります。男性ホルモンは毛を生やす毛母細胞を活発化させるため、分泌が増えるとそれだけムダ毛が多くなったり濃くなったりするのです。これはつまり、男性ホルモンの分泌が多い人ほど毛深くなるということ。

では、日常生活でのどのような習慣が、男性ホルモンの分泌を増やしてしまうのでしょうか?

(1)肉中心の食生活

肉のような動物性タンパク質が多い食べ物は、男性ホルモンの分泌を増やします。赤身肉や魚、卵、チーズ、牛乳を好む方は、少し控えてみるのもいいかもしれません。反対に、大豆製品やアーモンド、アボカド、ゴマ、さつまいもなどは、女性ホルモンの分泌を増やしてくれるので、意識して食べるようにしましょう。

(2)夜型の生活

夜更かしをすることで、体内のリズムは崩れてしまいます。すると、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンの分泌が増加します。「朝は苦手……」という方は、『美レンジャー』の過去記事「元航空会社職員が伝授!”早起きを続ける”何てことない3つのコツ」を参考に、朝型にシフトしてみては?

(3)ストレスが溜まっている

近年は、女性の社会進出の増加と比例して、ストレスを抱える方の数も右肩上がりに増えています。ストレスは自律神経を狂わせてホルモンバランスを乱し、男性ホルモンの分泌量を増やすので、溜め込まずに上手に解消する方法を見つけましょう。

(4)ダイエットをしている

過度なダイエットをしていると、体重だけではなく女性ホルモンの分泌まで減ってしまい、男性ホルモンが優位になります。

(5)タバコを吸う

タバコを吸うことで、女性ホルモンのエストロゲンの分解が早まり、分泌量が低下することがわかっています。男性のような濃い体毛を抑制するためにも、タバコは控えてみてはいかがでしょうか。

 

以上、男性ホルモンの分泌を増やすNG習慣をお伝えしました。肌を露出したときに、「脱いでみてビックリ!」なんてことにならないためにも、上記の項目には気を付けたいものですね。

 

【関連記事】

豆乳を使って「ムダ毛が生えにくくなる」ローションを作る方法

男女とも惚れ惚れする「ツヤピカな美デコルテ」を作るコツ4つ

あなたの自己処理間違ってる!「埋もれ毛」を作らないムダ毛対策

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

 

【姉妹サイト】

※ 仕事の合間に飲むコーヒーを「より健康につなげる」ための飲み方とは

※ 9月限定!キハチのプレミアムスイーツが超おいしそう!