女子失格!かな〜り気になる「根元プリン」を目立たなくする方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛の色を変えるとオシャレ感が出るだけでなく、内面的にも気分を上げてくれますよね。しかし、明るいカラーリングにした場合は特に、髪が伸びた時の髪色の差、いわゆる“プリン”が気になってきます。

個人差はありますが、常にキレイに保つためには月1回程度のメンテナンスが必要になってくるため、時間的にもお財布的にも厳しい場合がありますよね。

そこで今回は、根元プリンが目立ちにくくなる方法をご紹介します。

 

■1:根元を立ち上げる

髪を乾かす際、普段通りの分け目で乾かします。その後スタイリングまで終えたら、普段の分け目の反対側から髪の毛を持ってきて、分け目を変えてみましょう。根元が立ち上がり、プリンが目立たなくなります。

 

■2:センターパートより前髪ありヘアがおすすめ

プリンが一番目立つのは、髪の分け目部分の髪の毛が、ピシっと分かれていればいるほど、プリンもくっきりと見えてしまいます。分け目を作らず、つむじから前髪を下ろすような髪型など、なるべく分け目のない髪型にするのがおすすめです。

 

■3:ジグザグ分け目にする

前髪ありのヘアの方が、プリンが目立ちにくいとお伝えしましたが、センターパートの方の回避案としては、分け目をジグザグにすること。これは、先が細くなったコームの先を使って、分け目を作りたい場所にジグザグを描くようにして分けるだけで、簡単にできます。

コームがない場合は、爪の長さがあれば爪でもできます。

 

■4:前髪をアレンジする

プリンは、正面から見たときが一番わかりやすいため、前髪をアップにしてポンパドールや三つ編み、逆毛などで根元を立ち上げるようなセットをするのもおすすめです。

一番目立つところを隠すことができるので、効果的ですよ。

 

いかがでしたか? 相手にプリンになっていると気づかれたくないものですよね。プリンのままで放置しておくのは嫌だけど、頻繁に美容室でカラーリングをする時間的、金銭的な余裕が一時的にないという方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 白髪を抜くと余計増える!? 意外と知らない「白髪のウソホント」

※ 100均でさらさらヘアが叶う!プロが教える「ツヤ美髪になる」術

※ サロンの効果が台無し!「髪のダメージを加速する」NG悪習慣6つ

※ 30歳から髪のツヤが激減!「パサパサ汚髪」とサヨナラする方法

※ 【動画あり】第一印象でモテまくる「おでこ見せ」アレンジヘア術

 

【姉妹サイト】

※ くせ毛の悩みはコレで解決!美容師に聞く「朝の準備が簡単になる」コツ

※ サラサラヘアじゃない!? 女子が思う最新「モテる髪型」1位は…