プロポーズする気がうせる…「結婚したくない彼女」の特徴10個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「つきあっている彼はいるのに、なかなか結婚のオファーが来ない」よくある20代、30代の悩みですよね。「甲斐性なし!」「草食男子め!」とイライラする前に、こちら側が男性の“プロポーズする意欲”を奪っていないか確認してみましょう。

今回は、「結婚はちょっと……」と、プロポーズする気がうせる彼女の特徴10個をお伝えします。

 

■1:洋服やバッグをたくさん買う

結婚するに当たって、相手の金銭感覚は重要です。実家暮らしで洋服やバッグなどにお金を費やしていると、「この子、結婚したらちゃんと生活できるかな」と彼の不安を煽ることに。

 

■2:料理ができないorしない宣言

奥さんの手料理に憧れる男性は多いです。共働きの予定でも、料理が苦手でも、料理をがんばる意欲があることを伝えましょう。「料理しません」宣言をしてしまうと、相手に「結婚するメリットはあるんだろうか」と思われる危険性大!

 

■3:結婚後のルールの話をする

「結婚したら、飲みに行かないでね」「結婚したら、お小遣い制ね」など、結婚したら自由を奪われるようなルールの話はしないようにしましょう。プロポーズされてからルールを決めても、遅くはありません。

 

■4:友達夫婦をうらやむ

「●●家は、年に1回は海外旅行に行くんだって」「●●夫婦は、もう家を建てるんだって」などと、他のカップルをうらやむ話は避けましょう。彼がプレッシャーを感じやすくなります。

 

■5:出世欲に満ちている

出世欲で溢れていることを彼に悟られると、「俺、いらないんじゃないの?」「家庭はおろそかにならないかな?」と思われがち。出世欲に満ちていても、「いつか、あなたと一緒に楽しい家庭が築きたい」という思いもしっかり伝えて。

 

■6:口を開けば愚痴ばっかり

「毎日愚痴を聞かなきゃいけないのかな」と思われるので要注意。愚痴を言いたいときは、「相談があるんだけど……」とか「今、ちょっと困ってて」と切り出しましょう。ただの悪口にならないように気をつけて。

 

■7:頑固でこだわりが強い

洗濯物のたたみ方、食器の洗い方、ソファの座り方など、生活の仕方は人それぞれ。自分のこだわりを相手に押しつけてしまうようでは、彼は窮屈に感じます。

 

■8:結婚のネガティブエピソードを話す

「●●家は最近夫婦の会話が少ないらしい」「家を建てるから、やり繰りが大変みたい」などと、結婚後のネガティブなエピソードは、“結婚=墓場”と思われてしまう原因に。

 

■9:空気が読めない

「えっ!今それ言うの?」という空気が読めない女性は、結婚後に家族や仕事関係の人、友人に会わせる上で心配。独身のうちに社会性も磨きたいところです。

 

■10:貯金をしていない

貯金ゼロでは、まだ結婚する気がないと思われるでしょう。結婚資金を貯めていると言えば、彼も真剣に考えるきっかけになります。

 

男性にとって、結婚は憧れというよりはプレッシャー。「この人となら、いい家庭を築けそう」「毎日家にいてくれたら癒されそう」と思われる女性を目指して待ちましょう。

 

【関連記事】

ヤバイ女子認定!あなたの「隠れ干物女っぷり度」が分かる自己診断

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方

こりゃモテないわ…密かに周りが感じている「彼氏ができない」ワケ

男性の2人に1人がドン引き経験あり!願い下げされちゃうNG下着5つ

彼も後ずさり!頭皮がクッサい「おっさん臭」になっちゃうNG習慣