目が小さくなってますよ!今すぐ見直すべきアイライナーの塗り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デカ目になりたいのにも関わらず、アイライナーの塗り方が間違っているせいで、目をキュッと小さく見せてしまっている方がたくさんいます。

メイクで目をはっきりさせようと、アイライナーを太く濃く塗ってしまう人が多いようですが、それは完全に間違い。今回は、目を最大限に大きく見せるアイライナーテクをマスターしていきましょう。

 

■目を小さく見せてしまうNGアイライン3つ

もし、あなたが下記のようにアイラインを入れているなら、目が小さく見えてしまっていますよ。今すぐ見直してみましょう。

(1)上下に入れて囲っている
過去記事「この3つをやめるだけ!劇的に“目を大きく見せる”意外なメイク術」にもあるように、上下にラインを入れて囲ってしまうと、目の広がりが失われて目が小さく見えます。囲みは絶対NG。ラインを下に入れるなら、黒目の下だけ。たれ目にしたいなら、ブラウンのアイシャドウを下まぶたの3分の1にのせましょう。

(2)目尻に「く」の字を描いている
目尻に「く」の字を入れてしまうと、目がひきしめられてしまい小さく見えます。上のラインと下のラインはくっつけず、間に数ミリ隙間を空けましょう。

(3)ラインを太くしている
目のインパクトを出すためにラインを太く入れる人がいますが、太いと目のパッチリ感が失われます。デカ目に見せるには“まつ毛の隙間を埋めるように”ラインを入れるのがベストです。

 

■どんなアイライナーを使えばいいの?

まつ毛とまつ毛のあいだを埋めるようにラインを入れるには、ペンシルよりもリキッドアイライナーの方がベター。かすれにくく筆先が割れにくいリキッドアイライナーを選ぶのがポイントです。 

SSスリム 商品イメージol

『スウィートサロン スリムアイライナー』はペン先が“くびれヘッド”になっていて、まつ毛の間を埋めるのに最適な構造のようです。先割れしにくく、かすれにくいので、誰でも簡単にキレイなラインが書けますよ。

カラーはブラックとブラウンの2色。カラーの使い分け、つけまつげのときの塗り方テクは、下の動画をチェックしてみてください。

 

アイラインで目の印象はかなり変わってきます。動画をチェックして、いち早くアイライナーテクを身につけましょう。

 

【参考】

「スウィートサロン」スリムアイライナー 14年秋新発売!How to – Youtube