放置すると来夏もまっ黒「黒ずみブツブツ脇」をキレイに整えるケア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が終わる頃になると気になってくるのが、いつの間にかワントーン暗くなってしまったお肌……。それと同じように脇も全体的に黒ずんで、まわりの肌色よりも茶色っぽくなったり、暗い色になったりしていませんか? 

さらに毛穴がブツブツになって、手触りも最悪。そんな黒ずみブツブツ脇を今放っておいたら、来年の夏に後悔することになってしまいますよ!

今回は、ブツブツタイプの脇におすすめしたい、黒ずみケア方法をご紹介します。

 

脇がブツブツで黒くなってしまう原因は?

脇の下の毛穴が盛り上がって、ブツブツになってしまうのは、毛抜きで処理をしたことが主な原因です。脇の毛は他の体毛に比べて、太く毛穴の奥深くまである分、毛の処理方法によるダメージが大きく影響してしまいます。

本人は痛みを感じていないとしても、毛抜きで毛を抜くと、少なからずお肌は炎症を起こし、それによって色素の沈着が少しずつ起こってしまいます。

それに夏は汗をかき、臭いや見た目を気にして、制汗スプレーやファンデーションを脇に使うことが多くあります。すると脇の毛穴には、それらの汚れが皮脂や汗に混ざって詰まることが多く、毛穴が汚れて詰まると、それが酸化して黒く見えてきてしまうのです。

 

ブツブツと黒ずみにダブルで効く方法は?

そんなブツブツで、黒ずんだ脇におすすめしたいケアが、美白効果もあるスクラブ。盛り上がった毛穴や角質をスクラブの粒子でやさしく除去し、同時に黒ずみを除去していきます。

また毛穴に汚れが詰まっているようなら、普段顔に使っているメイク落としでクレンジングをしっかりすることも大切です。

市販品はもちろん、自宅で手軽にできるのが塩とヨーグルトを使った手作りスクラブ。ヨーグルトには美白効果もあり、それに塩を加えてマッサージすることで、手触りのよい脇に近づけられます。ボツボツの度合いによって、塩の粒子の大きさを選ぶとよいでしょう。

『美レンジャー』の過去記事、「黒ずみ対策に驚くほど効果的&経済的な”重曹スキンケア”の方法」でもご紹介した重曹は、脇の黒ずみにも使うことができます。重曹を軽く水で溶いたものを脇につけて、やさしくマッサージすればOKです。

 

夏に黒くなってしまったお肌を秋のうちに白く戻すのと同じで、脇のケアも今やらないと、黒くてブツブツのまま来年の夏を迎えることになってしまいますよ。しっかりお手入れしてくださいね。

 

【関連記事】

ノースリーブを着るのが楽しくなる!ワキの黒ずみ解消法4つ

油断するとヤバイ「アソコの黒ずみ」を食い止める方法4つ

夏は特に気になる!イヤ〜な「肘&膝の黒ずみ」解消法

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方