美魔女とオバ肌への分かれ道は35歳から!「隠れ砂漠肌」の恐怖

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若い頃はメイクや若さでカバーできていても、35歳を過ぎたお肌はもうごまかしはききません。いつまでも若い頃と同じケアを続けていると、老けスピードが加速して取り返しがつかなくなるかも・・・そんな「老けたくない!」と思っている35歳以上の女性にご紹介したいのが、夏にやりがちだけど絶対NGなスキンケアです。 

本当に差がつく年齢だからこそ、今こそ正しいケア方法を学んでおきましょう。

 

■暑い季節こそ「インナードライ」に注意

これだけ暑い日が続くと顔だって汗と皮脂でベタベタ……。そんなときはスキンケアをさっぱり軽めにしている方も多いのではないでしょうか? でもこれが一番のNG。これでは肌の表面は皮脂でべたつくのに、お肌の内側は乾燥しきっている「インナードライ」状態になってしまいます。

室内のエアコンで肌の内側がどんどん乾燥していき、お肌は自分自身を守ろうと余分な皮脂をさかんに分泌するという、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

ほうれい線と並んで老け顔の原因となり、漫画ゴルゴ13のように頬骨に沿うように肌がたるんでしまう‟ゴルゴライン”も、実は肌の乾燥によってハリや弾力が失われることによって加速します。

 

■35歳以上のお肌が求める正しい保湿は?

ではそんなインナードライを改善、予防するにはどういった保湿方法が正しいのでしょうか? 最も大切なのはお肌の表面ではなく、”お肌の土台”を保湿すること。上っ面だけの保湿ではなく、乾燥が進んだ重症なお肌(ピンチ肌)にも正しく潤いを届けられるアイテムを選ぶことが重要です。

ここでご紹介したいのが、一般人よりもエイジングケアに人一倍敏感な、モデルや芸能人、美容ブロガーに愛用者が多い、『I’m PINCH(アイムピンチ)』という美容液。‟ママが選ぶコスメ部門1位”に選ばれた、人気も実力もトップクラスのアイテムなんです。

 

■プラセンタやビタミンCよりスゴイ発酵エキスで美細胞に

I’m PINCHの主成分は、植物由来の発酵エキス。これは納豆菌を使って、国産大豆と米ぬかを日本初の独自技術で発酵させたもので、プラセンタやビタミンC以上のコラーゲン生成能力があるのです。コラーゲン豊富な美細胞を作り出すことで見た目年齢をより若く見せてくれる働きがあります。I’m PINCHでは、このエキスを業界では異例の30%という高含有率で惜しげもなく配合。

さらにコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分を15種類もプラスしており、年齢を重ねて乾燥が進んだお肌に潤いを届けてくれます。

アンチエイジング効果については、乾燥小ジワやほうれい線、肌の水分量・ハリ・弾力など数々の臨床試験を行っています。特に目尻の小ジワに対して28日後の変化を見る試験は、医学雑誌に掲載されたほど!さらに、I’m PINCHの利用者の実に96%がお肌の潤いを実感しています。

使い方は簡単。洗顔後普段使っている化粧水でお肌を整えてから、I’m PINCHを50円玉サイズほど手にとり、人肌に温めてから顔全体をやさしく包み込むようにします。びっくりするほど濃厚なテクスチャーですが肌にのせるとスーッとのびていきます。最後は潤いを閉じ込めるように、お手持ちの乳液またはクリームを塗って完了です。手持ちのスキンケアを一切変えることなく、ただこの1本をプラスするだけのお手軽さも人気の理由です。

今ならピンチ肌直し美容液I’m PINCHを約1週間分を試せる‟7日間美肌実感コース”が半額以下になる特別キャンペーンを実施中とのこと。うるおい効果を感じられなかったらいつでも全額返金できるため、「40万本も売れている噂の美容液を一度試してみたい」と少しでも思ったのなら、今がぜひおすすめです。

 

【参考】

I’m PINCH(アイムピンチ)7日間美肌実感コース