驚愕…朝食にヨーグルトを食べても「便秘解消効果ナシ」だった!?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルトが体に良さそうというイメージから、何となく朝ごはんに食べている方も多いのではないでしょうか。確かにヨーグルトには、便秘解消、乱れた肌のバランスを元に戻して美肌にする、生活習慣病予防などの効果があると言われています。

しかし、食べるタイミングによって、効果が異なることをご存知ですか? せっかく食べるのならば、効果的なタイミングで摂取したいですよね。

今回は、ヨーグルトを食べるタイミング”絶好の食べ時”についてお話します。

 

■食後に食べると便秘解消に!?

便秘解消を目的とする場合、ヨーグルトは食前や食事中よりも食後に食べる方が効果的とされています。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、胃酸などに壊されやすい性質があるためです。

食前や食事中に食べるよりも、胃酸が薄まっている食後の方が乳酸菌が腸に届きやすいのです。

 

■朝食の後に食べるのがオススメ

食後と言っても、朝、昼、夕、どの時間帯の食後なのか?という疑問があるかと思います。

便秘解消のために、ヨーグルトを食べる最も良いタイミングは、昼食後、夕食後よりも、”朝食後”に摂取する方が効果的であると言われています。どうしても朝食にヨーグルトを食べたい場合は、最近人気の乳酸が生きたまま腸まで届くヨーグルトがオススメです。

また、しっかりと朝食を食べなくても、フルーツなどを軽く食べるだけで胃酸は薄まります。軽く朝ごはんを食べてから、ヨーグルトを摂るようにしましょう。

 

■夜に食べて得られる効果もある

便秘改善には、朝食後にヨーグルトを食べるのがいいとお話しましたが、夜に食べると以下のようなメリットもあります。

(1)リラックス効果(熟睡効果)

カルシウムにはリラックス効果が期待できるので、就寝2時間前くらいにヨーグルトを食べると、熟睡効果が得られやすいとされています。

(2)骨の形成促進

寝ている間に骨の形成が行われるため、寝る前にカルシウムを摂ると良いです。

(3)二日酔いの防止

寝る前にヨーグルトを食べると腸内環境が整うため、肝臓の負担が減り、二日酔いの防止につながるとされています。

 

いかがでしたか? どんな効果を期待しているのかは人それぞれなので、用途に合わせたタイミングでヨーグルトを食べてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ダイエットになってない!実は「朝食に向かない」太りやすい食べ物

※ 費用0円の美容液!ヨーグルトの表面に浮かぶ「ホエイ」で美肌に

※ 腸も肌も喜ぶワンスプーンのヨーグルト術とは?

※ おいしくて栄養満点!美人になれる最高にお勧めの朝食メニュー

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術