秋の準備はOK?かくしオーラのズル盛りであなたも「エビちゃん顔」に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日が続きますが、8月も下旬。お盆をすぎたら秋のメークとファッションに衣替えして、モード気分を楽しみたいですよね。この秋の旬顔は、どの角度から見てもオーラがゆらめく最愛のうるみ目! 理想はそう、エビちゃんです。

そこで今回は、ちょっとした小技でかわいく差をつける”ズルビューメソッド”をご紹介します。この秋の旬メークで”エビちゃん顔”になれてしまう2種類のアイメーク術をマスターしましょう。

 

■上品フェミニンなグラデーション・レディオーラ

濃いめのブラウンアイライナーを選び、まつげの間を埋めるようにラインを描きます。目尻は白目の終わり部分から8ミリほど長めの部分までラインを引きましょう。

次にアイカラーです。大げさすぎない、細かいパール感の入ったものをチョイスします。肌馴染みの良いスキンニュアンスのある、ベージュとカーキが入ったパレットがお勧めです。

アイホール全体にベージュを広げます。次に締め色を、アイライナーに重ねるように入れ、下まぶたの際全体にもいれましょう。この時シャドウを広げすぎるとくまのように見えてしまうので、黒目を引き立たせるイメージをもってみてください。

全体をピンクがかったハイライト色でグラデーションになるよう、上下のまぶた全体に広げて完成です。

 

■惑わせミステリアスな立体感・ミスティックオーラ

アイライナーの要領は上記と同じです。アイカラーは、色のニュアンスを楽しめる、シルバーとライトイエローが入ったものがお勧めです。

次に、締め色をアイライナーに重ねるようにいれ、下まぶたにもぼかすようにいれましょう。ライトイエローを黒目の上、まぶた中央に丸くいれてぼかします。

中央にだけいれたライトイエローが、目の立体感を際立たせます。最後にハイライト色をアイホール全体と下まぶた全体に広げて完成です。

 

■エビちゃん顔に欠かせないのはパール感のかくし味

パール感のあるアイカラーは、光の反射を上手に受けて、立体感とやさしい雰囲気をかもし出してくれます。発光感が光をとらえ、盛っていないのにナチュラルに盛れる”愛されかくしオーラ”が完成します。

表情が変わる度、どの角度から見ても揺れ動くような印象的な目元を作り出すために欠かせないのが透明感のある繊細な輝きを放つパール感なのです。

本日発売される『資生堂 ベネフィーク』のアイカラーパレットは、エビちゃん顔を作るのにピッタリ! こちらのシリーズは、捨て色のなさに定評がある上、長時間にじみにくく、くすみを防いで”愛され瞳”を強調します。

 

あなたも今日からエビちゃん顔に!? ズルいほどかわいくなれるメソッドを取り入れて、秋のメークを楽しんでみてくださいね。

 

【参考】

※ ベネフィーク – 資生堂