パンツ失敗談あるある!同性から見て「ありえない下着」1位は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ささいなことだけれど、女性にとってどうでもよくないのがショーツ(パンツ)選びではないでしょうか。せっかくオシャレをしても、下着の心地が悪かったり、パンツのラインがくっきり見えたりすると、それだけで残念な気分になりますよね?

ワコールが行った「パンツ(ショーツ)に関する意識調査」では、約8割もの女性が、購入したパンツで失敗したことがあると回答。

そこで今回は、同性からドン引きされちゃう、NGなパンツのはき方と、ラインを出さないコツをお伝えします。

 

■下着のラインはやっぱり気になる? 

冒頭でもご紹介しましたが、上記の調査で約8割もの女性が、「パンツ(ショーツ)を買って失敗経験あり」と答えています。失敗例の上位にあがったのは、「はきごこちが良くない(18.8%)」、「足ぐりがくいこむ(13.0%)」、「縫い目が肌にあたって痛い(12.4%)」というもの。

そして、「縫い目やすそがアウターにひびく」「ウエストがくいこむ」というシルエットに関するものも多くありました。いずれも、見た感じだけではなかなか判断しにくいポイントです。

また、「他の人(同性の女性)を見て、一番気になる点(最もNGと思うこと)は何ですか?」との質問に、28.9%の人が、「パンツの色が透けている」、次いで26.2%の人が、「パンツのラインがアウターにひびいている」をあげています。 

「ウエストからパンツが見えている」、「お尻にくいこんでいる」というNG意見もあり、後ろ姿は、本人が思う以上に意外と見られている模様。 

下着はファッションと合わせるといいますが、ぴたっとしたスカートやパンツの時は、それ用に主張しない“控え目な”下着が必要です。 

 

■ラインを出さないためには? 

さて、これまでのアウターにひびかない下着といえば、Tバックのようなヒップを覆う面積が少ないものが主流でしたが、そういう種類の下着が苦手という方も多いですよね。 

同調査でも、お気に入りのショーツのポイントとしてあがっているのが、「お尻をつつみこんでくれる(19.6%)」、「アウターにひびかない(20.2%)」、「くいこんだりズレたりしない(20.9%)」という結果になっていて、大き目のショーツを選ぶ方は増えているようです。 

単に面積の小さい下着だけでなく、ヒップをすっぽり覆うタイプの大き目のショーツや、ウエストラインが長めのタイプのショーツでも、ラインを出さないのには有効です。

 

今回の調査では、パンツに関して「お気に入りに出会えていない」「お気に入りはあまりない(限られている)」と回答した人を合わせると、全体の半数近くにものぼりました。お気に入りがあるという方は、ある意味ラッキーなのかもしれません。

透けていたりラインが出ていると、同性からも白い目で見られてしまいます。しっかりチェックすることが大事ですね。

 

【関連記事】

※ 顔がゆがむほど!デリケートゾーンのムレやニオイを解消する方法

実年齢よりも「後ろ姿年齢」がオバ化する背中老いのNGポイント

ショック!古い下着を身に着けていると「老化が早まる」

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

アウト!真夏に一瞬で凍りつく女性の「下品極まりない」NG行動

 

【参考】

パンツ(ショーツ)に関する意識調査 – ワコール