こんな生活アウト!疲れて「肌が老化する」恐怖の夏バテNG習慣3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

厳しい暑さが続いていますが、皆さんは夏バテしていませんか? 食欲不振、だるさ、めまいやふらつきなどの一般的な症状以外にも、お肌の老化を引き起こすなど、実は恐~い夏バテ……。

そこで今回は、疲労やオバ化の原因となる、夏バテを招くNG習慣を3つ紹介します。

 

■1:そうめんなど冷たい物ばかりをよく食べる

この時期の食事は、そうめんやうどんで簡単に済ませてしまう、スイカやかき氷をよく口にするという方も多いのでは? 実は、サッパリして消化によさそうな、そうめんやうどんこそが夏バテの原因になることも!

これらの炭水化物を過剰摂取することで急激に血糖値が上がり、疲れやだるさを引き起こす原因になります。食品数が少ないことも、栄養バランスを崩してしまいがちに。

また、スイカやかき氷などの冷たい食べ物は、カラダを冷やし、胃腸を弱めてしまいます。ほどほどにしましょうね。

 

■2:クーラーの設定温度が低過ぎ

暑い外から帰ってきたら、部屋はキンキンに冷やすという方も多いですよね。夏バテを招く原因となるのが、この“外と室内の大きな気温差”です。私達のカラダは、5℃以上の気温差があると、体温調節を行う自律神経に負担がかかり、頭痛やめまい、食欲不振の原因となってしまいます。

クーラーの設定温度は27~28℃が目安。また、クーラーの風が直接カラダに当たらないように、風向きを天井に向ける、スカーフやストール、カーディガンで首や肩を冷やさないようにすることで、頭痛や肩こりを軽減できますよ。

 

■3:入浴はシャワーだけで完了

クーラーや冷たい食べ物によって、血行不良や自律神経が乱れがちなカラダに、さらに追い打ちをかけてしまうのが、“湯船に浸からず、シャワーだけ”という習慣です。

湯船にゆっくりと浸かることで血行が促進され、ストレスで乱れがちな自律神経を休めてバランスを整えることができます。このとき大切なのが、温度と時間です。38~40℃程度のぬるめのお湯に、20~30分を目安に浸かると、カラダの芯まで温まってリラックス効果が得られますよ。

 

いかがでしたか? 夏バテの原因となる冷えや、栄養バランスに気をつけて、連日の猛暑を乗り切りましょうね。

 

【関連記事】

※ 夏にうなぎは根拠があった!今さら聞けない夏バテになる本当のワケ

※ 疲労&夏老けにイイ!夏バテ対策できる超簡単「夏野菜レシピ」

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方

※ あなたもヤバいかも?「歯の夏バテ」を放っておくと隠れむし歯に

※ 単純明快!こすって痩せる「乾布摩擦ダイエット」のミラクル具合