「イタリアン=太る」は大きな誤解!実は美容効果大な優秀食材だらけ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性が好むイタリア料理。しかし、おいしいけれど、こってりしていて高カロリーな美容の大敵……と、罪悪感を感じながら食べる女性も少なくないのでは?

しかし、実はイタリア料理には、美肌やダイエットに効果的な食材がたくさん使われています。

イタリア料理研究家の小山久美子さんにうかがったところ、ひとつひとつの食材の美容効果はもちろん、食べ合わせによって、相乗効果が得られるものも多く存在するそうです。

そこで今回は、美容効果が期待できる、イタリア料理の食材3つと、おすすめの食べ方をご紹介します。

 

■“〇〇×オリーブオイル”でおいしくアンチエイジング

オリーブオイルには、ポリフェノールやビタミンEなどの抗酸化物質が含まれていて、体内の活性酵素を除去する効果が期待できます。また、オレイン酸が多く含まれることから、腸の悪玉菌の増殖を防ぎ、便秘解消にもつながります。そんなオリーブオイルと相性抜群の食材を2つご紹介します。

(1)トマト×オリーブオイル

トマトには、抗酸化作用があるリコピンが豊富に含まれ、アンチエイジングにピッタリの食材です。そしてリコピンは、オリーブオイルと一緒に摂取することで、体に吸収されやすくなる特徴があります。カプレーゼやトマトのパスタ、カポナータ、ブルスケッタなどでいただくのがおすすめ。

(2)生魚×オリーブオイル

生魚に多く含まれるDHA、EPAにはメタボリックシンドロームや動脈硬化など、生活習慣病を予防する効果が期待できます。カルパッチョなどでオリーブオイルと一緒に摂取すると、魚の臭みが消え、よりおいしく食べられるのでおすすめです。

 

■あなどれないハーブの効果

(1)バジリコ(バジル)

イタリアンに欠かせないバジリコの香りには、精神安定、リラックス作用があります。また、β‐カロテンが豊富なので肌の粘膜強化、活性酸素除去にもつながります。

(2)ルッコラ

サラダを選ぶなら、断然ルッコラです。ビタミンC、Eが豊富で、β‐カロテンも豊富なので美肌、アンチエイジングにピッタリの食材です。また、女性に不足しがちな鉄分や、むくみ解消に効果的なカリウムも豊富に含んでいます。

(3)イタリアンパセリ

イタリアンパセリは、ビタミンB群、β‐カロテン、鉄分などの栄養が豊富。添え物にしておいて終わるのではなく、食べた方がよさそうですね。

 

■とうがらしを食べながら脂肪燃焼

イタリア料理には鷹の爪をはじめ、とうがらしを使用するメニューが少なくありません。とうがらしに含まれるカプサイシンには代謝を上げ、脂肪燃焼効果が期待できます。

パスタならペペロンチーノを選んだり、トッピングでとうがらしをかけるのもおすすめです。

 

以上、美容効果が期待できるイタリア料理の食材をご紹介しました。イタリア料理を上手に食べて、おいしくキレイになってくださいね。

 

【関連記事】

神が与えた食物!? 一日一粒で「痩せ体質になる」とっておきの果物

効率よくやせちゃう!夏の朝に食べたい「スーパー食材」の驚き効果

※ 食べ方にコツあり!「カロリー過多」のイタリアンで太らない裏ワザ

食パンまでも!? 朝食に食べがちだけと「体調悪化を招く」食べ物

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方

 

【取材協力】

※ 小山久美子・・・料理研究家。南麻布にてイタリア料理とワインの教室を開講。広々とした空間で外国にいるような雰囲気の中、料理を習えると評判。大手ワインスクール『アカデミー・デュ・ヴァン』の講師としても活躍中。ワインイベントのプロデュースや、レストランのワインコンサルタントなども行う。ワイン愛好家のためのウェブサイト『ソムリエノート』にてコラムを担当。日本ソムリエ協会のワイン検定も初回から開催するなど、食とワインの分野で活躍中。