美白でも白目が濁ってたらブー!白目をもっともっと白くする方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏もそろそろ終盤を迎え、美白ケアも相当頑張ってきた頃だと思います。しかし肌は、白く美しくなっていたとしても、目は充血してなんだか濁っているなんてことありませんか? それではせっかくケアした白い肌が台無し。

しかも目が白くキレイになれば、肌がより白く見える効果や、若くかつ美しく見えるためモテ効果も! 

そこで今回は、目を白くするためのテクをご紹介します。

 

■1:美容目薬にスイッチ!

近年目の美意識が高まっているなか、美容ケア用の目薬も続々と増えてきています。例えば、充血を取ってくれたり、目のくすみを取ってくれたり、目の濁りを取ってくれたりと、目的に合わせていろいろなタイプがあります。

自分の気になる症状に合わせて、それぞれの効果がある目薬を使うようにしましょう。

 

■2:目の周りを明るくさせる

目の周り、特に目の下がくすんでいると、白目もくすみがちに見えてしまいます。いつものケアに目元専用の美白美容液をプラスして、目元の美白を強化させましょう。

また、メイクの際にも、目の下に明るめのコンシーラーをのせたり、ハイライトをのせるなどして、明るさを強調させましょう。

 

■3:野菜&フルーツを食べる

ニンジンやオレンジ、マンゴーやレモン、カボチャなど、オレンジ色&黄色の野菜とフルーツは、ビタミン、抗酸化作用をたっぷり含み、しかも目の褪色を防ぐといわれています。

また、トマトなど赤い色の食材や、ケールなど濃い緑色の葉っぱは、目の輝きを保持してくれるといわれているので、積極的に摂りましょう。

 

■4:目の疲れをためない

目は疲れると、酸素や栄養を多く運ぼうと血流が促され、充血します。そのため目が疲れないように、長時間PCを使う時はこまめに目を休む休憩を取ったり、睡眠も十分取りましょう。

 

■5:アルコール&タバコを避ける

アルコールは血流量を増やすため、充血の原因になります。また、喫煙も目の乾燥や炎症を起こしてしまうことがあるので、避けましょう。

 

『美レンジャー』の過去記事「失明の恐れも…目のUVケアを怠ると”瞳にシミ”ができる恐怖!」でお伝えした通り、目にもシミができることがあるので、目のUVケアもきちんと行って、美しい白目を目指しましょう。

 

【関連記事】

男性こぞって胸キュン!人気No.1目元「大人色気アイ」の作り方

9割の男性が瞳を重視!まん丸な「赤ちゃん目」女性に惹かれるワケ

プロが極意を伝授!驚異の「ビューラー使い」で超パッチリ目元に

※ 【動画あり】こなれて見えて使える!「ずり落ちない」袖のまくり方