まだ間に合う!いつも同じ着方になる浴衣を「今年らしく」着るコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏イベントもピークを迎え、花火やお祭り、フェスなどいたるところで盛り上がりを見せるこの頃。

夏の勝負服“浴衣”を、もうすでに何度か着た方もいらっしゃるでしょうが、着慣れてきた今こそマンネリ化するもの。浴衣ファッションに新しい風を取り入れたいという方もいるのでは?

そこで今回は、スタイリストである筆者が、浴衣をとことん楽しみつくすための今夏トレンドを紹介します。

 

■1:白ベースがアツい!

今夏の浴衣は、とにかく白ベースの浴衣が人気沸騰。夏の風物詩、金魚や風鈴などが描かれた浴衣は、白ベースだと見た目が涼しく見えることも人気のポイントです。

ただ、白ベースの浴衣は長時間着用してしまうと、汗で下着が透けてしまう可能性大。白ベースの浴衣を着るなら、短時間のお出かけに限定しておくほうが賢明です。

 

■2:レトロ柄がまだまだ強い人気

大輪の花柄や花火の柄が描かれた古典柄は、昨年あたりから根強い人気を誇る浴衣のひとつ。普段淡い色のお洋服を着る機会が多い女性は、シックな色がベースのレトロ柄をセレクトすると、普段とのギャップに新しい魅力が見つかるかもしれません。

ヘアスタイルは必ずアップにして、レトロ柄を着るなら、大人の雰囲気を出す方向で着ることがポイントです。

 

■3:帯に一工夫が旬

セットで浴衣を購入すると、大抵帯がついてきますよね。この帯に一工夫してみませんか。帯の結び方はもちろんのことですが、今夏の帯はバイカラーになっているものが注目株。結び方を工夫するだけで、いつもと同じ浴衣の印象がガラリと変わりますよ。

また今夏は帯締めの他、浴衣のアクセサリーにこだわるのもおすすめ。いつもの帯の巻き方に帯締めをプラスしたり、コサージュをつけたり、もっと個性的にしたいならレースの付け襟なども販売されています。

 

今夏まだまだ着る機会が多い、浴衣の最新トレンドについてご紹介しました。もうたくさん浴衣を着た女性はマンネリ解消のヒントに、これからの方は浴衣を選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった3分で完成!初心者でも簡単な「浴衣の帯結び」全プロセス

※ 後姿で浴衣モテ!帯で差がつく華やかな「カラテア結び」全プロセス

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術 

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術