乾燥肌だけじゃない!オイリー肌にも効果アリの時短オイルパック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏だからといって、お肌の乾燥ケアを疎かにしてしまってはいませんか? オフィスや電車の中など、建物や乗り物の中は、強めに冷房が効いているところが多く、夏でも思っている以上に乾燥ダメージを受けています。

そこで今回は、乾燥肌の方にはもちろん、他にも様々なお肌の悩みを解消してくれる“オイルパック”をご紹介します。

 

■手軽に始められる“オイルパック”とは

その名の通り、オイルを使ったパックなのですが、使うオイルは、オイルパック用として商品化されている美容品を買う必要はありません。椿油やホホバオイルなどでできるため、とても手軽です。

また、保存料などを使用していない上質なものであれば、料理用に使っているバージンオリーブオイルでも使用可能なので、お家にあるオリーブオイルをチェックしてみてください。

 

■いろいろなお悩み肌に対応する万能パック

オイルパックと聞くととにかく保湿力があり、皮脂汚れやオイリー肌の人には不向きのようなイメージがありますよね? 

しかし実は、乾燥に悩む人に向いているだけのパックではありません。「アブラはアブラで落とせ」というように、オイリー肌にも毛穴の汚れにも効果のある、万能なパック方法なのです。

お肌に使えるアロマなどを足して、リラックス効果を高めるのもおすすめです。

 

■オイルパックの方法

パック方法はとても簡単です。下記を参考にしてみてください。

(1)オイルマッサージをする

洗顔後、適量のオイルを手に取り、顔全体に馴染ませます。そのときに指の腹を使って、丁寧にゆっくり内側から外側にマッサージをします。蒸しタオルやスチーマーで毛穴が開いた後に行うと、より汚れが落ちやすく効果がアップします。

(2)蒸しタオルで毛穴を開く

オイルを伸ばした後は、蒸しタオルを1分ほどお肌にあてて、毛穴を開かせます。お肌がほぐれ、オイルの浸透もさらにアップします。

(3)オイルを拭き取り、通常ケアを行う

その後、やさしくオイルを拭き取ります。パック後は、化粧水や乳液など普段通りのケアをしっかりして終わりです。パックをしたまま寝てしまったり、オイルマッサージの後に化粧水や乳液などのいつものケアをしないと、逆にさらなる乾燥を招いてしまうので、十分注意してくださいね。

 

シートパックの場合、10~20分程度放置する時間を要しますが、オイルを広げながらマッサージをするだけなので、長い放置時間を取る必要がありません。そのため、オイルパックは忙しい方にもおすすめです。ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

その化粧品はダメ!? 化粧品は一番多く含まれる●●に気を遣って!

※ 飲むだけでOK!「ゴワゴワ乾燥肌」を撃退できる保湿ドリンク

※ 費用0円の美容液!ヨーグルトの表面に浮かぶ「ホエイ」で美肌に

※ たったこれだけで乾燥地獄から解消される天然の保湿オイル3つ

※ 【動画あり】第一印象でモテまくる「おでこ見せ」アレンジヘア術