実はスイカよりもGI値が低い!? 意外に「脚やせする」根菜とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に痩せにくい下半身。「下半身を細くするにはどうしたらいいの?」と、お悩みの方も多いはず。

『美レンジャー』の過去記事、「たった2つを意識するだけ!痩せにくい“下半身を細くする”コツ」でもご紹介しましたが、下半身にはインスリンに反応して脂肪を溜め込んでしまう酵素があるため、上半身に比べて太りやすいのは仕方のないこと。

また、歪みなどから血行不良にもなりやすいので、まめにケアしないといけないのも大変ですよね。でも美脚になりたい……そんなあなたに、今回は下半身のメカニズムをうまく利用して、太りにくくする方法をご紹介します。

 

■下半身痩せにオススメの食べ物の特徴とは?

下半身に脂肪がつきやすい理由は、血糖値が上がりやすいことをするから。逆を考えれば、血糖値が一気に上がりにくい食事ならOKということになります。

そこでオススメなのが、昔から糖尿病患者の食事療法としても取り入れられている、低GI値食。血糖値が上がりにくい食品を積極的に選ぶのですが、結構落とし穴もあるので注意が必要です。

ご飯やパンなどの穀物は、血糖値が上がりやすいのは有名ですが、野菜の中でも根菜類は血糖値が上がりやすいとされています。根菜類というとジャガイモ、人参、山芋、里芋などがありますが、根菜類の中にも1つ低GI値のものがあります。それが、サツマイモです。

サツマイモはあの甘さにも関わらず、パイナップルやスイカよりもGI値が低いという驚異の食べ物。サツマイモは糖質も多いですが、食物繊維が豊富なので血糖値が上がりにくいのです。

 

■下半身をさらに細くする簡単な方法

ここではそんなサツマイモを、うまく食事に取り入れるコツをお伝えしましょう。それは、最近流行のココナッツオイルと炒めるだけ。一瞬で風味豊かな美味しいヘルシーデザートになります。油も血糖値を上げにくい食品で、とくにココナッツオイルは燃焼されやすいのが特徴です。

また、豊富なビタミンEが血行促進をしてくれるため、下半身痩せに効果的で一石二鳥。サツマイモのココナッツオイル炒めで、美脚を目指せます。

 

下半身を細くするためには、溜まってしまった老廃物を流しつつ、もうこれ以上太くならないような生活を、根気よく続けていく必要があります。そんな時こそ、無理なく取り入れられて、効率がよい食品を選び、美脚を手に入れましょう。

 

【関連記事】

12年食べ続けて実証済み!驚くほど万能なサツマイモ効果(1)

女性の悩みを全て解決!驚くほど万能なサツマイモ効果(2)

7つの美容効果を徹底解説!驚くほど万能なサツマイモ効果(3)

【動画あり】いつものストールが「グッと洗練される」小粋な巻き方