豆乳を使って「ムダ毛が生えにくくなる」ローションを作る方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の露出が増える夏は、ほかの季節と比べて、ムダ毛処理をする頻度が急増します。そのため、カミソリ負けや埋没毛といった、ムダ毛処理にともなう肌トラブルに悩まされている方も少なくありません。

それでもなお、ムダ毛が生えてきたら、容赦なく処理し続けなくてはならないなんて、拷問とも言えますよね。きっと、多くの女性が、「肌トラブルを最小限に抑えながら、ムダ毛を目立たなくさせたい」と願っているに違いありません。

そこでオススメしたいのが、ムダ毛の抑制に効果を発揮する”豆乳ローション”です。筆者も愛用しているのですが、自宅で簡単に作ることができる上に、コスパも抜群! 

今回は、豆乳ローションの効果と、その作り方をご紹介していきたいと思います。

 

■抑毛と美肌効果が期待できる”豆乳ローション”

豆乳ローションとは、その名前のとおり豆乳から作った化粧水のこと。代表成分の大豆イソフラボンが、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするため、男性ホルモンの影響を受けて成長するムダ毛を抑制する効果があると、注目されています。

しかし、豆乳ローションを塗れば、ムダ毛がなくなるというわけではないことを、覚えておかなくてはいけません。豆乳ローションは、あくまでも”抑毛効果”を期待するものなので、”劇的に毛が生えてこなくなる”ということはないのです。

とはいっても、産毛が目立たなくなったり、自己処理の頻度が減ったりするのは、嬉しいですよね。「早速、豆乳ローションを試してみたい」と思った方は、まず、下記の方法を参考に作ってみてはいかがでしょうか。簡単な上に、低価格でできちゃいますよ。

 

■自家製豆乳ローションの作り方

【材料】

・無調整調乳・・・200ml

・レモン・・・1/2個

・エタノール・・・20ml

【作り方】

(1)レモンを絞る。

(2)小さめの鍋に豆乳を入れ、かき混ぜながら弱火にかけて温める。

(3)60度くらいまで温まったら鍋を火からおろし、レモン汁とエタノールを加えてよく混ぜる。

(4)ボウルの上にザルを置き、その上にコットンタオル、キッチンペーパー2枚を乗せて、豆乳を流し入れたら、粗熱を取る。

(5)冷めたら、コットンタオルとキッチンペーパーを包むように持ち、優しく絞る。

(6)絞った豆乳ローションを、容器に移したら完成。

これなら簡単に作れますし、手軽に試すことができるのでは?

 

自家製豆乳ローションは、入浴後の清潔な肌に塗り込むことと、冷蔵庫に保存して1週間を目安に使い切ることを守れば、安全に使用できます。自己処理による肌ダメージを抑えたい方は、ぜひ使ってみてくださいね。

 

【関連記事】

夏はボーボーに生えるって!「まつげの成長を促す」魔法の食べ物

美容の観点から顔のうぶ毛は「剃るor剃らない」正解はどっち?

こんな女性アウト!「食べ物からの歯の着色」を招くNGな食材とは

意外と簡単!「汚ない足の爪」を自分史上一番キレイに整える方法

※ 【動画あり】マンネリ打破!「ベルト使い」でこなれコーデにする技