夏にうなぎは根拠があった!今さら聞けない夏バテになる本当のワケ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝苦しい夜が続き、寝不足などから身体がダルくて、食欲がなくなっている人もいるのではないでしょうか。

しかし、夏は、これからが本番。楽しい夏を過ごすためには、夏バテにならないように気をつけなくてはいけません。

「分かってはいるけれど、そもそも“夏バテ”って何?」という人に、今回は、夏バテの原因と対策についてご紹介します。

 

■そもそもどうして夏バテになるの?

夏バテになるには、ある一定のサイクルがあります。毎日暑いと、大量に汗をかきますよね。また、熱中症対策として日中、水分を摂るようになります。そのため、水分でお腹がいっぱいだと感じる時間ができ、食欲が出にくくなります。

食欲がない時は、「さっぱりした物が食べたいなぁ」と、栄養価よりもさっぱり感を重視した食事が増え、結果的には栄養不足の状態に陥りやすいのです。

この栄養不足が、夏バテの原因の一つです。普段の生活の中で思い当たる節がないか、振り返ってみましょう。

 

■夏バテしないためにはビタミンB1がポイント

ビタミンB1が夏バテに効果的な理由は、3つあります。

(1)暑いと食欲がなくなり、麺類や清涼飲料水(糖質)を摂ることが増えるから。

(2)汗と一緒に体内のビタミンB1が失われてしまうから。

(3)エネルギー消費が多く、食事から摂った糖質をエネルギーに変える時にビタミンB1が必要だから。

夏バテ防止として、うなぎを土用の丑の日に食べる習慣がありますよね。うなぎにはビタミンB1が豊富に含まれているので、理にかなっています。大豆から作られる豆腐や納豆、豚肉の加工品であるハムやウィンナーにも、ビタミンB1が多く含まれています。

ビタミンB1パワーを更に引き立てる食べ物として、硫化アリル(アリシン)を含むねぎ、玉ねぎ、ニンニク、ニラなどが挙げられます。一緒に食べることで、ビタミンB1が、長く身体に留まる効果が持続します。

 

■夏バテ対策にはやっぱり“水分補給”

寝不足や水分不足、気温の上昇による脱水症状から熱中症を引き起こす可能性があります。予防するためには、こまめな水分補給が重要です。

(1)1時間ごとに100〜150mlを目安に、喉が渇く前に飲むようにしてください。

(2)冷た過ぎると口の中が冷えて体温が上がるので、飲み物は冷やし過ぎないのがオススメです。

(3)激しい運動や大量の汗をかく時は、スポーツ飲料がオススメ。汗とともに失われた塩分を取り戻せます。

(4)普段の水分補給は、お水かお茶で。スポーツ飲料は糖分が多いので、普段から飲むと太ってしまう可能性があります。

(5)カロリーオフの飲料はカロリーは少ないですが、人工甘味料(添加物)が入っているものもあるので、摂り過ぎには気をつけましょう。

 

■夏はやっぱり汗をかこう!

人間は自律神経が働いていることで、汗をかいて体温調節をしたり、食べ物を食べて消化したり、意識していなくても身体が働いています。暑いからといって、冷房のきいた部屋で汗もかかずに過ごしていると、自律神経がうまく働かなくなり体調を崩す原因にもなります。

夏は、やっぱり汗をかくことも大切です。いっぱい汗をかいて、自律神経を働かせることも忘れずに。

 

食欲がないからと、さっぱりした食事ばかりしていては元気が出ません。食事の内容と水分補給に気をつけながら、夏バテ知らずの楽しい夏を過ごしましょう。

 

【関連記事】

※ 日本人には目からウロコ!アジア各国に学ぶ「夏バテ予防」メニュー

※ 疲労&夏老けにイイ!夏バテ対策できる超簡単「夏野菜レシピ」

※ 夏バテを救う!元気が出ないときに頼りになる「最強栄養素」5つ

※ コレみんなやってるでしょ!実は怖い「夏バテを招く」NG生活習慣

※ 【動画あり】マンネリ打破!「ベルト使い」でこなれコーデにする技