社会人なら知っておきたいテーブルマナー【スコーン&タルト編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、アフタヌーンティーと一緒に出てくることの多い、スコーンとタルトに関する正しいマナーをご紹介します。先日もご紹介しましたが、もともとイギリスで生まれたこのアフタヌーンティーという習慣。日本でも最近、たくさんのハーブティーやお洒落な喫茶店を目にしますね。

しかし、どんな場所でもどんな時でも、しっかりとマナーを知り、大人の女性として美しい立ち居振る舞いを心がけたいですね!

 

そこでまずは、スコーンの正しい食べ方からご説明いたします!

【スコーンの食べ方】

アフタヌーンティータイムにはスコーンが登場すると昨日もお話しましたが、ふんわりと焼きあがったスコーンには、クロテッドクリームとジャムをつけて食べるとおいしさが倍増します。ほとんどのホテルやカフェでついてきます。スコーンを横に切り目をいれふたつに割り、クリームとジャムを重ねていただきます。

 

次はタルトについて。タルト系の他の食べ物にも応用できます。

【タルトの食べ方】

タルトをナイフで切ると、カツンと大きな音がなってしまいますよね? そんな時は、フォークの先端でまずタルトを刺してみましょう。タルトが軟らかめなら、フォークを横に寝かすようにしただけで タルトの側面が切れます。

タルトが硬いときは、タルトの底面に穴を開けるようにフォークを刺し、フォークを刺す箇所を少し前後に数回ずらすように動かせば、綺麗に切れていきますし、音が立つこともありません。

 

最後に、スコーンやタルトがトレーに載っている場合の正しい食べ方についてご紹介させてください。

【段になっているトレーの食べる順番】

The River Reporter Onlineでは、2、3段トレーの場合は一番下から食べるとされていますが、(※)お店によってまちまちのようです。スコーンはほとんどのお店はあたたかく出てくるので、まずはスコーン、そして最後に甘いもの(ケーキ等)が正しい順番です。

 

今後イギリスに訪れた際や、社交の場での会話の知識として、ぜひ頭に入れておくと大人の女性としてのスマートな対応が出来ると思います!

デトックス&リラックス効果にも、ぜひイギリス人の様に紅茶習慣を取り入れたいですよね! ぜひ今夜は寝る前にハーブティーを飲んで、ぐっすりお休みくださいませ☆

 

【参考】

※ To Hawley I go

 

【関連記事】

社会人なら知っておきたいテーブルマナー【パン編】