切ると長くなる!? 実は誤解が多い「まつ毛の都市伝説」ウソホント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お人形のように長くふさふさなまつ毛は、それだけで華やかで、多くの女性の憧れ。それだけにまつ毛を少しでも長く見せようと、あらゆる手段を試す女性も少なくありません。

まつ毛を長くするために効果的だと言われる情報は、世の中に数多く存在しますが、全てが有効なわけではありません。ひょっとすると、毎日行っている習慣が、実はまつ毛が抜け落ちるきっかけになってしまうことも……。

そこで今回は、まつ毛を長くするために有効だと言われている、都市伝説のウソホントについてご紹介します。

 

■それでほんとに長くなる? まつ毛に関する都市伝説

今回、アンファー株式会社が、日本全国の20~50代女性400名を対象に「これまでに聞いたことがある“まつ毛に関する都市伝説・ウワサ”」を調査しました。中でも、「○○をするとまつ毛が育ちやすい」という“アクション系都市伝説篇”で、多くの人が耳にしたことがあるもののトップ3は、以下のようになっています。

・まつ毛の先端を切ると伸びる・・・78人

・まつ毛にリップクリームを塗ると伸びる・・・47人

・まつ毛の根元を刺激すると伸びる・・・25人

実はこれらはどれもおすすめできません。直接的な効果が期待できないどころか、目の周辺にダメージを与える可能性もあります。まつ毛を切ることで、目を守るというまつ毛本来の役割が損なわれたり、短い毛が目元にささって痛みを感じることも……。

リップクリームは目に入ると洗い流しにくく、メンソールのものは目への刺激になってしまいます。また、まつ毛の根元を刺激するため、逆に抜ける本数が増えてしまう可能性もあります。

目元は特にデリケートなので、余計な刺激を与えることは控え、まつ毛用美容液を使用するのが一番です。

しかし、今すぐ長く見せたいという人も少なくありませんよね。そこで、都市伝説に頼らずともまつ毛を長く見せるマスカラテクをご紹介します。

 

■メイクでまつ毛を劇的に長く見せるマスカラテク

(1)まつ毛を根元からしっかりカールさせる

(2)マスカラ下地を使用する

(3)マスカラを床と平行に持ち、根元からジグザグと上に向かってつける

(4)コームでとかす

ポイントは、マスカラの下地を使用すること。意外と使用していない女性が多いのですが、下地を使用するのとしないのとでは、まつ毛の仕上がりが大きく異なります。下地を使うことでまつ毛のカールの持ちがよくなり、後に使うマスカラがしっかりまつ毛一本一本に密着し、いつもより長くボリューミーに仕上がります。

おすすめは、透明で速乾性が高いもの。まつ毛の本数が少ない人は、ファイバー入りのものを選ぶのもよいです。最近では美容液効果のある下地もあり、傷みがちなまつ毛をいたわりながら使用することができます。

 

髪は女の命とも言われていますが、最近はまつ毛命の女性も少なくありません。大切なまつ毛だからこそ、メイクで長く見せ、夜は美容液でいたわってあげてくださいね。

 

【関連記事】

この3つをやめるだけ!劇的に「目を大きく見せる」意外なメイク術

アラサーでもイタくならない「つけまつ毛の選び方」ポイント4つ

まつ毛にフケ状の屑が…!まつ毛にダニが繁殖してる人が20%いた

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

意外にやりがち!まつ毛がくるんとカールしないNG習慣5つ

 

【参考】

「まつ毛」に関する意識・実態調査(第3弾) – アンファー株式会社