「可愛い石原さとみ風vs.セクシー中村アン風」モテ前髪の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレンジがきかず、マンネリしがちな前髪。毎朝のスタイリングに、手を焼いている方も多いのでは? 実は前髪を変えるだけで、可愛らしくも、セクシーさも自由自在になります。 

そこで今回は、人気ヘアサロン『k-two』の川尻敦史さんに、石原さとみ・中村アン風の”こなれモテ前髪の作り方”を教えていただきました。

 

■可愛らしさをアピール! 石原さとみ風前髪

(1)生えグセを知る

前髪がいつも同じところでパックリ……という方も多いのでは? 前髪は、生えグセが強い場所であり、ご自身の生えグセを認識することが、石原さとみさん風の、流れるような前髪を作る近道です。まずは前髪を上げて、生えグセを知りましょう。

(2)乾かしながら形づける

地肌を擦りながら流す方向と逆に乾かし、半分ほど乾いたら、流す方向に向かって乾かしていきます。生えている方向とは逆に、風を当てながら擦っていくと、クセがリセットされます。生えグセや分け目のクセが強いと、可愛い前髪を手に入れるのは難しくなってしまいます。クセをリセットしながら、前髪の流れを作っていきましょう。

(3)毛先を軽く巻く

前髪を巻くときにNGなのは、巻き過ぎてしまうこと! まず、前髪を流し始める地点に髪の毛を寄せて、毛先を軽く巻きます。こうすることで、スタート地点から端にかけてカールが弱まり、自然に流れる石原さとみさん風前髪に仕上がりますよ。

 

■かき上げてセクシー! 中村アン風前髪

(1)パート分け

顎くらい長さがある前髪なら、断然かき上げたような前髪が旬です。分け目をサイドパートにし、8:2もしくは、9:1の割合でパートを取りましょう。前髪にボリュームが出やすくなり、ふんわり立ち上がった中村アンさん風の前髪に近づきますよ。

(2)乾かしながらボリュームアップ

乾かすときのポイントは、できるだけ分け目をなくすことです。前髪を持ち上げたら、斜め上45度くらいに向かって、少し引っ張るようにして乾かすと、よりボリュームが出やすくなります。

(3)ゆるやかカールづけ

前髪が立ち上がったら、最後の仕上げとして巻くのもおススメ! 巻くときは前髪を少し前に引っ張り、アイロンで挟んだらそのまま毛先までゆっくりスルーします。中村アンさん風のカジュアルで、ヘルシーな前髪の完成です。

 

可愛い石原さとみさん風、セクシーな中村アンさん風、どちらがお好みでしたか? こなれモテ前髪で、ぜひ新しい魅力を見つけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ヘアアレンジの達人が伝授!「誰でも簡単にできる」まとめ髪妙技

※ たった10分!自分でできるプロ直伝の「お呼ばれヘア」の作り方

※ 流行のクルーネックに合う「ボブ・ロングヘア」用アレンジテク

※ たった1分で!カリスマ美容師お墨付き「簡単華やかヘアアレンジ」術

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

 

【取材協力】

※ 川尻敦史・・・『K-two』青山店アシスタント。長崎県佐世保市出身。中学卒業後15歳で、美容室に就職。長崎県のサロンを二店舗勤務後に上京し、『K-two』青山店へ入社。カラー、パーマ、ストレートの施術をメインとし、外国人風のニュアンスカラーやsexyでグラマラスなヘアスタイルが得意。