春になると「眠気と戦い続ける」人が8割もいると判明!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「春眠 暁を覚えず」とはよくいったもの。布団のぬくもりが心地よくて、つい二度寝してしまう春の朝……。いくら寝ても寝足りないような気がしますよね。

睡眠時間を記録するサイト『ねむログ』(※)が発表した統計データによると、「春になると眠くなりますか?」という質問に対し、実に82%もの人が「眠くなる」と答えています!

【質問】春(4月前後)になると眠くなると感じますか?

すごく眠い 53%

少し眠い  29%

特に変化はない 17%

 

■どうして春はこんなに眠いの?

なぜ私たちは、春はこんなに眠いと感じるのでしょうか。じつはこれ、日照時間の長さも関係しているんだとか。

冬から春になるにつれて日の出が早くなり、昼間の時間が長くなりますね。これまでより早い時間に朝がやってくるのに、冬時間に慣れた私たちの体はなかなかそれに追いつくことができない……。軽い時差ボケのような感覚になるうえに、あたたかな陽気も手伝ってなかなか起きられないというのが、『春眠』の正体のようです。

 

眠気やだるさを吹き飛ばすには、軽い運動をして脳を活性化させたり、視覚や聴覚を刺激するのが効果的!

・手足を動かして脳を目覚めさせる

・カーテンを開けて光を浴びる

・TVやラジオをつけて聴覚を刺激する

といった方法は、すぐに実践できるのでおすすめです。

布団から出るのがつらい季節ではありますが、自分なりの朝の目覚めプログラムを決めて、楽しく起きられるように工夫してみてはいかが?

 

【参考】

ねむログ日記~睡眠時間が気になる!: 知らない間に寝落ち・・・春になると眠くなるが82%