夜の体は貯蓄モード!「夕食時間を決めるだけ」ダイエットで痩せる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、夜の体が完全に”体脂肪貯金モード”になることをご存じですか? 夜に貯蓄モードになる体の理由は、ある神経が関係しています。

健康的なダイエットをしたいのなら、この働きを利用しない手はありません! 今回は、体の仕組みと夜に食べても太りにくい食材や時間をご紹介します。

一度知ってしまえば、あなたのダイエットに効果的なことは間違いありません。

 

■夜は副交感神経が活発になり代謝が落ちる

昼間は、食事で摂取したエネルギーを代謝に使います。それは”交感神経”が働いているためです。

しかし、”副交感神経”が活発になる夜間は、消化吸収力が昼間の2〜3倍落ち、体温も下がります。それは体が、吸収と貯蓄モードに入っている証拠なのです。

夕食に摂取した栄養は、私たちが想像している以上に”蓄えられやすい”と覚えてしまいましょう。

 

■夕食に選ぶと良い食材って何?

夜の栄養摂取は、消費よりも蓄えられることに使われるということがわかりました。夕食は、エネルギー源となる糖質や脂質を少なめにして、ビタミン、ミネラル、食物繊維の多いものを摂るようにすれば、肥満の原因を減らすことができます。

特にカロリーのコントロールをしづらいのが、夕食と飲み会が一緒になる会席。長居をしてつい食べ続けてしまう時は、おつまみのセレクトに注意しましょう。会席では、野菜を中心に摂るように心がけてください。

居酒屋メニューでは、煮る、炒めるといった調理時に塩分と糖分が多く加わっています。できるだけ生の状態のものを選びましょう。

就寝直前にどうしてもお腹が空いた時は、カロリーのない水か、カフェインの入っていないお茶、麦茶などを選んでみてください。

 

■夕食の時間が遅くなりそうな時は中座する

仕事が長引いてしまい、毎日同じ時間に夕食を摂るのが難しいこともあります。そんな時は、忙しさにかまけて夕食を抜き、夜中にお腹が空いて食べてしまうことも多いのでは?

夜遅いほど蓄積される代謝の働きを考えると、これは最も避けたいパターンです。仕事を中断してでも夕食を摂るように心がけてください。例えば19時〜20時には、夕食を食べ始めると決めて、あなたがどこにいて何をしていても、ちょっと中座してヘルシーなものをお腹に入れてみましょう。

就寝前の3時間は消化器官を含め、体は徐々におやすみモードに入っていきます。食べ物を口にすることで、休もうとしている体の機能に逆らってしまうと、快眠の妨げにもなってしまいます。

代謝に逆らわない夕食の時間を決めてしまうだけで、今まで何も考えていなかった時よりも簡単なダイエットに取り組むことになります。

 

今日食べた物が、明日のあなたの体を作ります。正しく食べるだけでよりキレイになれるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

数値は厳密に見るべし!「筋肉は残し体脂肪を減らす」ダイエット法

プロ直伝!メチャクチャ簡単な「座るだけダイエット」の実践方法

王道だけど勘違い!頑張っても痩せられないダイエット4つ

週末ダイエットはNG!? 実は一番痩せやすいのは「●曜日」と判明

【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方