今すぐやりたい!「鼻のブツブツ黒ずみ」がない人が実践する習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の黒ずみやブツブツといった毛穴汚れに悩む女性は、少なくありません。夏は冬と比べて、皮脂量が2倍になることから、余計に毛穴汚れが目立ってしまうことも。

そこで今回は、鼻の毛穴汚れをスッキリさせるために取り入れたいお手入れ方法をご紹介します。

 

■鼻の黒ずみやブツブツが気になる原因

鼻を触ったときのブツブツや黒ずみの正体は、“角栓”です。角栓とは、皮脂と角質が合わさったもので、これが毛穴に詰まることで鼻のブツブツになります。

そして皮脂は、空気と触れることで酸化し、黒く変色してしまうのです。

 

■鼻の毛穴汚れが目立つ人の特徴

(1)保湿が足りない

(2)皮膚がカサカサ、固く弾力性がない

(3)クレンジングや洗顔が適当

(4)ターンオーバーの周期が乱れている

肌が乾燥すると、皮膚を守ろうとして皮脂分泌が盛んになります。また、乾燥すると皮膚は、弾力性がなくなって固くなりがち。そうなると毛穴の伸縮性も低下し、分泌された皮脂が毛穴にたまりやすくなってしまいます。

また、クレンジングがいい加減、洗顔料を泡立てずに使用していては、皮脂やメイク汚れが取り切れず、どんどんたまってしまいます。さらに、ターンオーバーの周期が乱れている人は、古い角質が肌表面に残っていることから、毛穴の詰まりや角栓ができやすくなってしまいます。

これらを踏まえ、毛穴に汚れをためないようにするための、お手入れをご紹介します。

 

■鼻のブツブツ黒ずみの解消を目指す毎日のお手入れ

(1)鼻周りはやさしく丁寧にクレンジング

なんとなくクレンジング剤を肌に伸ばすのではなく、鼻周りは丁寧に行います。力を入れてゴシゴシするのはNG。逆に毛穴の詰まりを引き起こす可能性も。皮膚表面をなでるように、力を入れずに丁寧に行います。

(2)しっかり泡立たモコモコ泡で洗顔

洗顔は泡立てることで、洗いあがりが格段に変わります。きめ細かい泡が毛穴の汚れを吸着し、余分な角質を絡め取ってくれます。面倒でも毎日しっかり泡立てることが大切です。

(3)夏は特にたっぷり保湿を

夏は特に毛穴が開きがち。しっかり保湿することで、皮脂の過剰分泌を防げます。化粧水を染み込ませたコットンで、ローションパックをするのもおすすめです。

(4)クレイパック&マッサージで汚れ知らずの肌へ

ミネラルを豊富に含んだクレイ(粘度・泥)が、肌の角質や毛穴汚れを吸着してくれます。また、毛穴をキュッと引き締める収れん効果も期待できます。

マッサージクリームを使用して、鼻周りをやさしくマッサージするのもおすすめ。皮膚が固くなることで汚れが詰まりやすくなるので、普段から皮膚を柔らかく保つことが大切です。使用頻度を守って使ってくださいね。

 

以上、毛穴汚れを目立たせないためのお手入れ方法をご紹介しました。毛穴汚れは、指で押し出したり、パックで無理に剥がし取ると肌の負担になるので、日々のお手入れで毛穴美人を目指してくださいね。

 

【関連記事】

夏にどんどん広がって見える「毛穴が目立つ人」のヤバイ肌の特徴

皮脂分泌増加!夏の毛穴トラブルを回避する「正しい洗顔メソッド」

【動画あり】たるみ毛穴撃退!0円でお手軽「冷却マッサージ」ケア法

こりゃビックリ!「毛穴肌がツルツル肌になる」ベースメイク術

「洗顔後30秒以内」の化粧水でシミ・シワ・毛穴問題すべて解決!