冬を代表する「甘酒・おでん・鍋」が夏にオススメな意外な理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬だけなんてもったいない!夏にこそオススメしたい「キレイになれちゃう食べ物」3つ暑い日は、サッパリとした麺類やアイス、ドリンクなどを口にする機会が増えますが、これでは体はヒエヒエ……。栄養バランスも崩れてしまいます。

では、今の時期は、どのようなものを食べたらいいのでしょうか? 意外かもしれませんが、筆者がオススメしたいのは、”冬の食べ物”というイメージが強い甘酒、おでん、鍋の3つなのです。

今回は、”夏にこそ食べたい”上記の食べ物の特徴を、ご紹介していきたいと思います。

 

■冬だけなんてもったいない! 夏にこそ食べたい美容と健康フード3つ

(1)甘酒

甘酒は、日本の代表的な発酵食品のひとつで、冬の飲み物として知られています。アミノ酸の含有量が多く、病院の点滴と同様の効果を得られるといわれていることから、江戸時代には、”夏バテ防止の真夏の飲み物”として広く愛されていました。夏も甘酒を飲みましょう。

(2)おでん

冷房で冷えた体を温めてくれるのが、おでん。それだけではなく、おでんは水分を多く含むため、少量でも満腹感が得られるので、ダイエット中にもオススメなのです。こんにゃくや大根、しらたき、たこ串は、カロリーが低いので安心して食べることができます。

(3)鍋

鍋に野菜や肉、キノコ類を入れて煮込めば、不足しがちなビタミン、ミネラル、タンパク質を手軽に摂取することができます。とはいっても、「夏に合う鍋ってどんなもの?」「夏に鍋って食べられるの?」と疑問に思う方もいますよね。そこで、フードアナリストの岩崎静羅さんに、夏にオススメの鍋を教えてもらいました。

 

■︎夏には夏の鍋がある!? フードアナリストがオススメする鍋とは

フードアナリストの岩崎さんがオススメする”夏にピッタリな鍋”は、サンマ節と鶏ガラのお出汁に、レモングラスとコブミカンの葉を浮かべた、エスニックな香り漂うデトックス鍋だそう。

具材には鶏肉や豚肉、ズッキーニなどの夏野菜を使うことで、ビタミンA、B2、B6、C、D、E、食物繊維、Bカロチン、カリウムを摂ることができ、肌荒れや疲労回復、むくみ解消にも効果的だといいます。

「家で作るのは難しそう……」という方は、阿佐ヶ谷にある鍋料理専門店『横鍋JAPAN』でも、デトックス鍋を堪能することができますよ。また、『横鍋JAPAN』の鍋は、化学調味料を一切使っていないので、健康を気にする方にも嬉しいですよね。

その他にも、こだわりのコラーゲンを使ったメニュー『艶鍋』をはじめ、女性に人気の美容鍋や、全国の酒造から厳選されたレアな日本酒”ハレの日酒”もあるので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「暑いから……」といって、食に無頓着になっていては、夏バテスパイラルから抜け出すことができなくなってしまいます。夏にこそ温かいものを食べて、美容、健康を維持したいものですね。

 

【関連記事】

サラダの栄養バランスをぐ~んと上げてくれる「ちょい足し食材」

アイスやチョコ…睡眠の質が悪化する「夜に避けるべき食べ物」4つ

いつもの料理にちょい足しで!栄養パワー満点の「新・最強雑穀」

痩せたい…でも我慢できない!「砂糖断ち」するための代替品4つ

※ 【動画あり】マンネリ打破!「ベルト使い」でこなれコーデにする技

 

【取材協力】

※ 岩崎静羅・・・『AneCan』や『Steady.』の読者モデルをつとめる。食べ物にも興味関心があり、フードアナリストの資格を取得。現在は、ゴルフウエアのブランドを立ち上げるなど、多方面で活躍中。

※ 『横鍋JAPAN』・・・カウンター席で鍋をつつきあうという新しいスタイル”横鍋”を提案。化学調味料不使用で、美容、健康に嬉しい鍋を揃える。こだわりのコラーゲンを使った『艶鍋』が人気。