あなたの色は合ってる?ダサい女評価されない「眉色の選び方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクをする上で、一番難しいと言っても過言ではないのが眉毛。顔全体の印象に、大きな影響を与えるパーツですが、現在の眉の色はあなたに本当に合っていると思いますか? 

髪や瞳の色が変わればそれと同じように、眉の色も変えなければ、ちぐはぐになってしまいます。また、眉毛だけが浮いて目立ってしまう事態にもなりかねません。

ここで改めて、正しい眉色の選び方を学んでみましょう。

 

■1:髪の色に合わせるのが基本

眉の色は、髪の毛の色に合わせるのが基本。茶色の髪なら茶眉、黒髪なら黒眉がベースです。

しかし、ここで気をつけたいのが、茶色でもアッシュ系とイエロー系で違うということ。アッシュ系ブラウンの髪なのに、眉はイエロー系の茶色にすると、どこかおかしな印象になってしまいます。茶色でも、髪の毛と同じ色味のものをきちんと選ぶようにしましょう。

今の季節、日焼けなどで髪の色にムラがある人や、2トーンのヘアカラーを入れている場合は、明るい色目の方に合わせるとベター。

また、眉マスカラを使っている方の場合、ペンシルやパウダーに比べて眉マスカラの方が、色がはっきりとつきやすいので、眉マスカラには、気持ち明るめのカラーを選ぶのがおすすめです。ペンシルやパウダーで整えてから眉マスカラをプラスすれば、自然と立体感もアップします。

 

■2:カラコン派は瞳の色にも要注意

眉は、そのすぐ近くにあるものと同じ色に合わせると良いことから、髪の毛だけでなく、瞳の色に合わせる方法もあります。カラーコンタクトを使う人の場合は、瞳の色と合わせるように気をつけると良いでしょう。

カラーコンタクトを使わない場合でも、元々の瞳が茶色がかっている人と黒い人がいるので、自分がどんな瞳の色か、一度鏡をのぞいてきちんと知っておくべきです。

またペンシル、パウダー、眉マスカラと、アイテムそれぞれによって見た目の色と、実際の眉にのせてみる色は、違って見えるものです。手の甲につけた色だけで判断するのは、失敗のもと。必ず自分の眉に使ってみて、髪の毛も含めた顔全体の印象を確認して、自分に合う色を見つけるようにしましょう。

 

「眉の色だけ浮いてる……」「何だかちぐはぐ」なんてことにならないように、自分に本当に合う色を試行錯誤して、探してみてくださいね。

 

【関連記事】

案外気づいてない?「メイク下手女子」が陥りがちな残念眉NG4つ

眉は下ラインが命!下側の毛を抜かずにキレイに見せる驚きの裏技

ヘアメイク氏が披露「一重が二重級に見える」魔法のアイメイク術

「ゲッ!マロになってる」という衝撃とサヨナラする眉メイク裏技

※ 【動画あり】微妙な形の女子多し!「残念眉毛」にならない方法とは