夏の紫外線対策に!自分史上最高の素肌美を手に入れるための美容成分3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

汗や湿気で、ファンデーションがドロドロになってしまう今の季節。「メイク直しに時間がかかって、大変」と、愚痴をこぼしたくなる日もありますよね。

そんな悩みを解決するためにオススメしたいのが、“ファンデーションを薄くすること”なのですが、「これでは素肌の状態があらわになってしまう」と不安に感じる方も少なくないはず。しかしこれは、「素肌がキレイなら、ファンデーションが薄くても大丈夫」だとわかっているということですよね。

では、“素肌美”を手に入れるためには、日頃からどのようなことを意識すればいいのでしょうか?

 

■現代女性は、素肌の美しさが重要だと考える「本質回帰傾向」にある!

20~50代の女性365名を対象に、『株式会社DSプロモーション』がおこなった「美容消費トレンド調査結果」によると、現代女性の美的価値観のキーワードは“抜け感”、“ナチュラル&シンプル”、“本質感”という素肌美を象徴するようなものだということがわかりました。

そして、「以前に比べて肌ケアで注力していること」というアンケートには、「生活習慣および内面美容を心がける(19%)」「メークよりもスキンケア重視(14%)」「保湿を入念に(14%)」「日焼け対策(14%)」など、日頃からできるスキンケアのプロセスに重点をおいている方が多いことが明らかに。

とはいっても、紫外線の影響を受けやすい今の時期は、「うっかり日焼けをしてしまった」「体も肌も疲れ気味」という方もいますよね。そんなときは、素肌美に欠かせない“内面美容”をサポートしてくれる美容成分を摂ることをオススメします。

 

■“内面美容”をサポートする3つの美容成分とは?

毎日のスキンケアにプラスして摂取したい美容成分は、下記の3つです。

(1)ビタミンB群

ビタミンB群は、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える手助けをするので、夏バテ気味の体にもピッタリ。なかでも、豚レバーやアーモンド、鶏卵などに多く含まれるビタミンB2は、皮膚や粘膜を健康に保つことからも“美容のビタミン”と呼ばれているので、積極的に摂りましょう。

(2)鉄+ビタミンC

汗をかくと、様々なビタミンやカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄なども一緒に排出されてしまいます。鉄は、ただでさえ摂取量が足りていない成分で、不足すると末端の冷えや疲れ、血色の悪さといった不調の原因になります。レバーや牛赤身肉、ひじき、きな粉などから摂り入れるようにしましょう。

ビタミンCと一緒に摂ると、吸収率が良くなることも覚えておいてください。

(3)L-システイン

自分史上最高の素肌美を手に入れるために意識して摂りたい美容成分3つ

L-システインは、代謝を促進し、エネルギー産生や解毒作用を助ける効果があるアミノ酸の一種です。これはつまり、皮膚の代謝を促進させてシミをとどまらせない、エネルギーの発生を促進させて疲れをためない、有害物を分解してアルコールを残さない作用があるということ。まさに、夏にこそ摂りたい美容成分だといえますよね。

ですが、L-システインには、食品から摂取するのが難しいという一面もあるので、医薬品の力を借りるのが効果的だといえます。エスエス製薬の『ハイチオールC』は、このL-システインとビタミンCを含んでおり、飲み続けることで、素肌美をサポートしてくれるようです。

なんでも、3ヶ月ほど経つ頃には、シミやそばかすに変化があらわれるというので、未来の肌が楽しみになりますよね。

 

シミやそばかす、吹き出物のない肌は、肌のトーンがアップして、若々しく元気に見えます。このような肌を手に入れるためにも、毎日のケアを怠らずケアをしていきましょう。

 

【参考】

「ハイチオールC」- エスエス製薬株式会社

※ 「美容消費トレンド調査結果」- 株式会社DSプロモーション