これはスゴイ!○○を食べるだけで「紫外線対策」できちゃう黄金食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「シミが急に増えた気がする」「しわが目立つようになった……」この夏、急に老けた気がしたのなら、それは紫外線が原因かもしれません。この紫外線、ただシミや黒ずみの原因となるだけでなく、“光老化”と呼ばれる老化現象の引き金に……! 

そこで今回は、“紫外線がもたらす肌のデメリットと、夏老けを防ぐビューティー食材”をご紹介します。

 

■知らないと危険!紫外線がもたらす肌のデメリットとは

紫外線を浴びると、肌は酸化してしまいます。体の中で酸化が始まると、シミの原因となるメラニンが大量に作られ、黒ずみやシミの原因に。

この紫外線を浴びたことによって起こるのが“光老化”です。避けることができない、加齢による自然老化よりも、実は、その原因のほとんどは光老化といわれているのです。

 

■こんな身近に!シミによい黄金食材3つ

(1)鮭

鮭に含まれるアスタキサンチンは、活性酵素を除去し、紫外線による光老化予防効果があるといわれています。

(2)ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトには、チシロナーゼという酵素を抑制し、シミができにくく、くすみのない肌を保つ効果があります。

(3)バナナ

カラダを錆びつかせ、老化の原因となる活性酸素。いつまでも錆びない肌でいるためには、カラダの内面からのケアを意識することが不可欠です。そこで、手軽にできるアンチエイジング法としてピッタリなのが“バナナ”。なんとバナナは、身近にある食品の中で、最も抗酸化力の高い食品なのです!

 

■恐るべし!バナナのスゴ技

紫外線でダメージを受けた組織の補酵素成分である、ビタミンB群。バナナに含まれるビタミンB群は、野菜・果物の中でもトップクラス! そして、憎き紫外線に、このバナナのビタミンBがよいのです。早速バナナが持つ効能を見ていきましょう。

<バナナに含まれるビタミン群のはたらき>

・ビタミンB1…神経機能を正常に保つ・疲労回復効果

・ビタミンB2…健やかな皮膚や髪、爪をつくる・脂肪燃焼効果(欠乏すると、充血の原因に)

・ナイアシン…(ニコチン酸アミド/ビタミンB3)脳神経を正常に保つ・血行促進効果(欠乏すると、皮膚炎や口内炎、神経炎や下痢などを引き起こします)

・ビタミンB6…神経機能を正常に保つ・アレルギー緩和・ホルモンバランスを整える(欠乏すると、肌荒れや口角炎、手足のしびれ、脂肪の代謝が低下します)

 

■美容成分ギュッ!女性のための天然サプリメント

ナイアシンやビタミンB6と並び、別名「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンB2。しかし、ビタミンB2は、熱には強いが水にとけてしまう性質が……。しかし、生食が基本のバナナなら、栄養成分を損なわずに摂取することができるのです。

さらに、バナナには豊富なポリフェノールが! 脂肪の吸収抑制、血圧低下作用、老化抑制、ガン予防、美白効果作用が研究されているポリフェノールの中でも、バナナポリフェノールは分子量が大きく、熟したバナナほどポリフェノールの含有量が高くなります。

シュガースポット(バナナが成熟し、皮に現れてくる茶色い斑点)ができたバナナがおススメですよ。

 

朝食やおやつに食べることの多いバナナは、まさに女性のためのビューティー食材だったのですね。手軽なバナナで、ますます美に磨きをかけちゃいましょう。

 

【参考】

バナナ大学

※ 意外とシンプル!「白雪姫並み」の色白美肌を手に入れる魔法とは