処理ナシ女はアウト!? イマドキの「アンダーヘア」正しい作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、皆さんはアンダーヘアの処理はなさっていますか? 欧米では、エチケットとしてアンダーヘアの処理が当たり前に行われている一方で……日本では、まだまだアンダーヘアの処理は、浸透していない様子。

アンダーヘアのお手入れ不足は、ニオイの原因となることも! そこで今回は、イマドキの正しいアンダーヘアの作り方をご紹介します。

 

■自由自在なアンダーヘアのスタイルコレクション

(1)ナチュラル

ゆるく角をとった形。「いかにも処理しました」という感じではなく、自然なナチュラルさが出るので、初心者でもトライしやすいのが特徴です。

(2)トライアングル

広めの三角形。全体的にアンダーヘアの面積が小さくなるように処理していくので、ナチュラルに次いでトライしやすい形です。

(3)スモールトライアングル

トライアングルよりも、一回り小さい三角形。やり過ぎではないけれど、しっかりお手入れ感も出せるので人気の形です。毛をカットすることで、さらに整った印象に。

(4)ハート

可愛らしい雰囲気を楽しみたいなら、ハート型がオススメ。毛を短くカット、さらに毛抜きを使うことで、よりハッキリしたハート型が作れます。

(5)ツーフィンガー

指2本分の四角形。毛は短めにカットし、スッキリとした印象を与えます。

(6)ワンフィンガー

指1本分の四角形。下着や水着を選ぶことなく、どのようなデザインでも楽しむことができます。

(7)ハイジニーナ(全処理)

海外セレブに多いといわれるハイジニーナ。難易度は高めですが、スッキリ感やお手入れをしなくていいことから、日本でもトライされる方が増えてきているようです。

 

■自宅でサロン並みの仕上がりお手入れ方法

自分でアンダーヘアの処理をするときは、カミソリとヒートカッターを使うのがオススメです。

理想の形を決めたら、カミソリで余分な毛を処理していきます。毛の長さをカットしたい場合は、ハサミよりもヒートカッターの方がオススメです。ハサミで処理すると、毛の先端が尖るため、下着から毛が突き出てしまう可能性が……。

ヒートカッターなら毛先が丸くなるので、下着から突き出てしまう心配がなくなり、イヤ~なチクチク感も軽減しますよ。ボディの脱毛と同様に、処理後はボディ用の化粧水などでしっかり保湿をしてくださいね。

 

やり過ぎない自然なお手入れなら、彼ウケもよさそうですよね。アンダーヘアのお手入れは、エチケットの1つとして早速試してみませんか?

 

【関連記事】

※ 7割の女性がやっている!? 男性が好きなアンダーヘアの作り方とは

※ 意外に見られてる!? ボサボサビキニラインを自宅で簡単に処理する方法とは

※ 毛がボーボー!世界がドン引きする日本人女性のアソコ事情

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

※ 見つけた日には超ショック!「アンダーヘアの白髪」を招くNG習慣