意外と知らない!?美白のトリビアとおうち美容の進化とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、メラニンが肌に生成され始めるのは紫外線を浴びてから何時間後からか知っていますか? シミができやすい人とできにくい人の違いは何か知っていますか? 

資生堂の人気シリーズ『HAKU』からもおうち美容ができる新シリーズが発売されるように今はお肌ケアにとって大事な季節。

美白やシミができるシステムをきちんと知らないまま、「美白」と書かれたコスメを漠然と使っているだけでは効果は半減。シミだらけの顔になる前に、改めて美白のアレコレを知っておきましょう。

 

美白の常識1:シミができやすい危険ゾーンは?

紫外線を浴びると肌の中にメラニンが作られ肌を黒化させますが、それが一部にできて濃く見えるのがシミです。顔には凹凸があり紫外線の当たり方も紫外線に対する肌の反応も均一ではありません。

そのようなさまざまな要因が重なって、シミが最もできやすい危険ゾーンが、頬からこめかかみ近辺です。

 

美白の常識2:メラニンが作られるのは日焼けの何時間後から?

肌の中でメラニンの生成が始まるのは、紫外線を浴びた3日後、72時間後からです。海などに出かけて急激に日焼けしたときなどは、3日以内に美白ケアを始めればメラニンの生成を抑制できます。

 

美白の常識3:シミができやすい人とできにくい人の違いは?

美白ケアの心がけも違うでしょうが、もともとの肌色が人それぞれで違うように、肌の状態や体質が関係していると言われています。

 

あの『HAKU』から先進的な美白ケアアイテムが登場

一度できたら怖い、そんなシミをケアするためにご紹介したいのが、9年連続で美白美容液の市場売上No.1を獲得し、美白ブランドとして有名な『HAKU』からこの夏限定販売が始まった、「先進的な美容ケアセット」です。

HK442

このセットは、『HAKU メラノフォーカスEX マスク (医薬部外品) 』にiPhone専用の美容用具『HAKU iデバイス』がついてきます。無料でダウンロードできる、iPhone専用アプリ『HAKUメラノフォーカス マスク用アプリ』をセットすれば、お手持ちのiPhoneが簡単な美容ツールになるという、これまでの常識を変える画期的なもの。

化粧水で肌を整えた後美白マスクを顔につけiデバイスをその上から貼って、先ほどのアプリを起動させれば、微弱な電流が流れます。マスクを肌に密着させて、肌にうるおいをしっかり届けます。

HKマスク・iデバイス

レーザー治療やイオン導入といった最先端のケアは美容クリニックなどで受けるものが主流かもしれませんが、このiデバイスがあればiPhoneを使って自宅で簡単に効果の高い美白ケアをすることができます。

 

このiデバイスがついてくるセットは、資生堂のウェブサイト「ワタシプラス」で限定販売されています。自宅で気軽にできるHAKUの美白ケア、初めてみませんか?

 

【参考】

HAKU マスク × iPhone専用 iデバイス/資生堂