後姿で浴衣モテ!帯で差がつく華やかな「カラテア結び」全プロセス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浴衣の着付けで女性を悩ませるのが、帯結び。自分でできる簡単な結び方を検索してみるものの、なかなか上手くできなかったり、どこかあか抜けなかったり……。そんな女性に是非おすすめしたいのが、“カラテア結び”です。

カラテア結びとは、カリスマ着物ブロガーのCHOKOさんが考案された帯結びのこと。ひらひらとリボンが重なったように見える華やかさが魅力です。何度か練習してコツをつかめばマスターできるので、初心者にもおすすめです。

そこで今回は、カラテア結びのプロセスと、初心者でも上手く結べるコツを和装小物セレクトショップ『Komamono玖』店主の渡邊英理子さんにうかがいました。

 

■“カラテア結び”の全プロセス

半幅帯と帯揚げ(シフォンのスカーフや兵児帯などでも可)を使用します。

(1)帯の巻き始めを“テ”、帯結びの先を“タレ”と言います。帯のテを1~1.3m程度取り、胴に二巻きし、一結びします。結び目から先が、床につくくらいが丁度この長さです。

美レンジャー(2)結び目を支点とし、帯をパタパタと折りたたんでいきます。このとき、始めのひだは胸の中心に垂直、次は右斜め方向、次は左斜め……と”米の字”のようにクロスして重ねていくと、最終的に形が整いやすく、バランス良く仕上がります。(下記写真参照)

美レンジャー

片方の帯で二折り程度を目安に、帯の両端ともに行います。ひだの大きさは、胴に巻いた帯の上線から上下に20cm程度が目安。大き目にたたんでしまうと、ひだの数が減り、華やかさも減ってしまうので注意です。折りたたんだ帯は手で押さえておきます。

美レンジャー(3)帯のひだを押さえている手とは逆の手で帯揚げを取り、胴に巻きつけた帯の上線の高さで一文字にひだを押さえつけます。続いて後ろに回してギュッと一結びします。

美レンジャー(4)帯揚げより上側のひだを下向きに垂らします。帯と帯揚げをしっかり両手で掴み、帯揚げの結びが緩まないよう意識して、時計回りに帯をグルッと後ろに回します。時計回りに回すのは、衿合わせに逆らってしまわないためです。回したら胸の前で帯揚げを結びます。帯揚げを帯の中にグッグッと押し込んだら完成です。

美レンジャー後ろから見るとリボンが幾重にも重なったような、オシャレな形に仕上がっています。

美レンジャー応用編として、スカーフや兵児帯をわざとカラテア結びの後ろや脇に蝶結びすると、後ろ姿が華やかになります。また帯板を持っていたら、腹の部分の帯に挟むと帯がキリッと美しく仕上がります。

 

以上、初心者向けのカラテア結びのプロセスとコツをご紹介しました。複雑そうに見えますが、数回練習すれば意外と簡単にできるようになるので、是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術

「また同じ浴衣姿…」と思われないための簡単ヘアアレンジ術

せっかくの浴衣美人が台無しになる「ついやりがちな大ミス」8つ

全ての男子必見!なぜ浴衣の「うなじ」はエロく見える?【前編】

全ての男子必見!なぜ浴衣の「うなじ」はエロく見える?【後編】

 

【取材協力】

※ 渡邊英理子・・・和装小物セレクトショップ『komamono玖』店主。着物姿のおしゃれにおいて、見る人、すれ違う人を惹きつけるような和装小物を幅広く提案。着付け講師、きものコンサルタントとしても活躍中。