苦手な人も驚き!「混ぜるだけで苦くない」ゴーヤジュースレシピ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さにぐったりして、顔の毛穴は開きっぱなし……など、猛暑は体力も消耗する上に、お肌のお手入れもだるくなっていいことはありません。そんなときにもってこいなのが、わずか100gにレモン3個分のビタミンCを含むと言われる、夏の優秀食材ゴーヤです。

しかし、苦みのある味や調理のバリエーションがあまりないことから、避けている人が多いかもしれません。

今回は、そんなゴーヤをジュースにしたレシピを3つご紹介します。苦味が抑えられて、食欲がないときでも元気がつく味ですよ。

 

■1:ゴーヤ+バナナでまろやかジュースに

ゴーヤ1/3~1/2本を輪切りにして、バナナ1/2本、牛乳200ccを加えてミキサーにかけます。バナナの甘味と牛乳のまろやかさが、ゴーヤのくせのある味をカバーしてくれます。

お好みでレモン汁やハチミツを加えても合います。牛乳の代わりに豆乳を使うと、大豆イソフラボンも摂ることができるのでおすすめです。

 

■2:ゴーヤ+パイナップルでフレッシュに

できれば生のパイナップルがあれば、よりフレッシュな香りと味わいが楽しめるジュースです。ゴーヤとパイナップルを同量用意して、水を適宜加えてミキサーにかけます。生のパイナップルがない場合は、水は無しにしてパイナップルジュースで代用してもOKです。

ミントをちぎって最後に混ぜても、さわやかなジュースとして飲めますよ。

 

■3:ゴーヤ+リンゴジュースも相性抜群

ゴーヤは、リンゴジュースにミックスしても相性抜群。ゴーヤをリンゴジュースと一緒にミキサーにかけます。好みでヨーグルトを大さじ数杯プラスしたり、ハチミツを加えてもOKです。

 

どのレシピでもゴーヤは、洗ってから生のまま、ざっくり切ってそのまま使えます。わたや種が気になる方は、取り除いてからミキサーにかけて良いですが、実は、わたにはビタミンCがたくさん含まれています。美容のことを考えたら、そのまま使うことをおすすめします。

ゴーヤは今が旬の食材。ビタミンC以外にもビタミンB1、B2、ビタミンE、カロテンなども豊富。日焼けしてしまったお肌にも効果抜群です。

また、ミキサーにかけるだけなら火を使わないので、暑い季節でもラクに作ることができます。ぜひ試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

苦いけどスゴイ!ゴーヤに秘められた美容最強パワー

※ 【動画あり】ボサボサ頭が隠せる!劇的可愛いヘアバンドアレンジ術

ミランダ・カーも愛するスーパー雑穀「キヌア」で驚きの美肌に!

神が与えた食物!? 一日一粒で「痩せ体質になる」とっておきの果物

夏の疲れを放っておくのはNG!身近な食材「飲む点滴」で体調回復