ちょっと不気味…躊躇しがちな「青いラーメン」が美容に良い理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまメディアなどで話題の”青いラーメン”をご存知でしょうか? 近年、夏になると青いカレー、青いビールなど、青い●●シリーズが、多くのお店で期間限定メニューとして登場しています。

一体何が理由で青いのか? その理由を探ってみました。

 

■“青”が体に良い理由とは? 

一般的に、青い色の食べ物と言えば、食欲が減退するイメージ。でも、夏だからこそ、涼しげな青い食べ物に挑戦する気にもなるものです。

20140710ayako1東急池上線・旗の台駅近くのラーメン&美容カフェ『BumBun BLau Cafe(ブンブン ブラウ カフェ)』でも、7月7日から8月末までの夏季限定メニューが登場! テレビや雑誌など、多数の媒体でラーメンに関する日本一を獲得している斎藤直樹店長は、8年も前からラーメンにこの“青”の要素を取り入れ続けているのだとか。

そのラーメンの名は、『リナブルーのスーパーフードラーメン』。リナブルーとは、スピルリナから抽出される、天然の青色色素“フィコシアニン”を商品化したものを指します。おなじみの氷菓『ガリガリ君』にも使われている色素と言えば、親近感がわくのではないでしょうか? 

また、スピルリナとは50種類以上の栄養素を持つ、藻の一種であるスーパーフードのこと。つまり、このリナブルーが、体に良い成分をたくさん含んでいるのです。

 

■健康的なのに美味しすぎる理由

スピルリナを練り込んだ麺に、スピルリナのスープ、アサイーの新芽のピクルスなどを入れた美容と健康を意識したラーメンは、見た目以上に食べたくなること必至!  斎藤店長のこだわりは、そんなスーパーフードな材料選びにとどまらず、水は店内で用途に合わせた5種類を使い分け、アグー豚や低温加熱の鶏チャーシュー、オリーブオイル漬けチャーシューなどのこだわり具材を使用。もちろん、全て化学調味料等無添加です。

通常、健康にいいものというと、どうしても味の面では劣るケースも少なくありません。しかし、斎藤店長の“美味しさ最優先”というポリシーのもと、美味しさと健康が両立する味に仕上がっているのです。

 

■ラーメンを食べながらエステ?

さらに、店内に設けられた個室では、ラーメンの道を進みつつ、エステティシャンとしての経験もこの道10年以上という女性スタッフによる、フェイシャル、顔筋マッサージ、リンパドレナージュなどの美容施術が受けられます。

20140710ayako03例えばカフェでの待ち合わせに早く着いてしまったら、20分だけフットアロママッサージをしてもらったり、組み合わせ自在のわがままコースというメニューも完備した、自由にエステを楽しめるシステム(要予約)となっています。

内側も外側もキレイになれる、まさにラーメン&美容カフェの名にふさわしいお店でした!

 

青いラーメンは、なかなかお目にかかることができないかもしれませんが、スピルリナ自体は、通販や店頭でも手に入れることが可能です。自宅でもスープやカレーに混ぜたりして、内側からの美容ケアに励んでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

海外セレブが毎日摂取!日本でも話題の「スーパーフード」活用法

ガガ様13kgヤセ!知らなきゃ損の「ホールフードダイエット」とは

人気タレントが31kgも痩せた「スゴすぎる食べ物」とは?

超意外!身近な野菜の「新芽に若返り効果がある」と判明 

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術