逆効果!ますますドロッドロに崩れる「勘違いNGメイク直し」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬と比べて夏は、皮脂の量が2倍になり、汗もかくのでメイクが崩れやすいですよね。メイク直しの回数が、増える女性も少なくありません。

しかし気をつけたいのは、その方法。直したつもりが、逆に崩れやすくしてしまっている女性が意外にも多いのです。

そこで今回は、改めたいメイク直し法3つと、効果的なお直しのコツをご紹介します。

 

■1:テカリの上からファンデーションを重ねる

時間の経過とともに、額や小鼻などに皮脂が浮いてきます。さらに、ファンデーションに含まれる油分も加わり、肌表面はベトベトになっていることも。この皮脂や油分を押さえずに上からファンデーションを重ねると、すぐによれてしまいます。崩れた上にメイクを重ねても、崩れる原因をさらに積み重ねているに過ぎません。

また、皮脂や油分が混ざり合ったものは、時間の経過とともに酸化して、肌のくすみを引き起こします。その後、肌にとって良くない過酸化脂質へと変化し、肌荒れの原因にもなり得ます。

まずはティッシュやあぶらとり紙で余分な皮脂をやさしくティッシュオフし、それから崩れた部分を直すことが大切です。

 

■2:お直しの度にファンデーションを重ねづけする

特に、カバー力の高いファンデーションを使用している人は要注意。メイク直しの度にファンデーションを重ねていては、夜には、粉っぽくガピガピの顔になってしまいます。

ファンデーションは重ねるほどに小じわが目立つようにもなるので、テカリが気になる場合は、毎回ファンデーションを使用しないほうがいいです。ティッシュオフをした後、プレストパウダーを使用して軽く押さえる程度にしておくと、肌の自然なツヤ感も維持できます。

 

■3:目元の黒ずみを指で擦る

夏は特に、目元のメイクも崩れやすくなりますよね。アイラインやマスカラが、下まぶたににじんでいるなんてことも。そんなとき、つい指でぬぐおうとしがちですが絶対にNG! 目元の皮膚は薄くデリケートなので、何度も強く擦ることで小じわや色素沈着を招いてしまいます。

おすすめは、綿棒でオフする方法です。乾いた綿棒でよれた部分をサッと取るか、取れない場合は、美容液を少し染み込ませた綿棒を使用します。上手に直すコツは、広範囲を擦り取るのではなく、ピンポイントで少ない回数でにじみを取ることです。

乳液だと、メイクがごっそり取れてしまう可能性があるので、美容液を使用するのがおすすめ。持ち運び用の小さな容器に美容液を入れ、常に綿棒と一緒にメイクポーチに入れておくと便利です。

 

メイクがよれやすい夏だからこそ、崩れにくいメイク直しの方法を試してみてくださいね。間違ってもよれを促進させるお直しは絶対に避けましょう。

 

【関連記事】

真夏でも持ちがUP!「劇的に崩れない」ベースメイクちょい足し技

この3つをやめるだけ!劇的に「目を大きく見せる」意外なメイク術

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

彼ママに好評なのは?シーン別「得するまゆ毛」の描き方教えます

顔全体をカバーするファンデの必要量は「パフ何回分」が正解か?