「5歳老けて見えるシミ」を本気で消したい人がやるべき3つのこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀なBBクリームやファンデが登場し、シミもキレイに隠せるようになりました。でも、すっぴんでも自信がもてるように、完全にシミを消したいのがホントのところですよね。

そこで今回は、本気でシミをなくしたい方が、継続的にやるべき3つのことをお伝えしたいと思います。

 

■1:美白スティックを併用

美白成分が凝縮された美白スティックは、年々濃くなってくる部分的なシミのケアにおすすめです。ビタミンC誘導体など、厚生労働省認可の美白有効成分が配合された“医薬部外品”のものを選びましょう。

顔全体は、美白化粧水や乳液等でケアをして、気になるシミ部分には、スティックでアプローチ。Wのパワーでシミと戦いましょう。

 

■2:朝晩にビタミンCを摂取

紫外線を浴びると活性酸素が増えて、シミの原因であるメラニンが増えます。また、真皮でハリや弾力を保っているコラーゲンやエラスチンがダメージを受けて、老け顔の原因になります。これらの紫外線トラブルから肌を守ってくれるのが、ビタミンCです。

ビタミンCは活性酸素を抑え、メラニンの生成を防いだりコラーゲン生成を助けたりする成分。今の時期、特に積極的に摂りたいビタミンCですが、体に溜め込むことはできません。一度にたくさん摂っても、体外に排出されてしまいます。

また、ビタミンCは、ストレスを感じると消費されていきます。満員電車に乗るだけでも消費されてしまうのです。そのため、朝晩に分けてビタミンCを摂り、排出されて無駄になったり、不足してしまうのを防ぐことがポイント。ビタミンCと互いに助け合う、ビタミンA、ビタミンEの摂取も忘れないで。

 

■3:ピーリングで角質ケア

メラニンは、ターンオーバーによって肌の内部から角質層に押し上げられ、やがて古い角質と一緒に排出されます。紫外線対策を怠らずターンオーバーが正常であれば、シミは徐々に薄くなっていきます。

しかし、紫外線を浴びるとメラニンが増えるだけでなく、肌がダメージを受けてターンオーバーが乱れやすくなってしまいます。ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まっていては、メラニンがなかなか排出されません。

週に1回のピーリングで古い角質を落として、ターンオーバーを助けましょう。古い角質が落ちると、化粧品の浸透がよくなるので、美白コスメも実力を発揮しやすくなりますよ。

 

老け顔の原因にもなるシミをなくして、すっぴんでもキラキラなお肌を目指しちゃいましょう。

 

【関連記事】

20代の半数が朝は水洗顔!「水のみvs.洗顔料使用」どっちが正解?

毎日アレを食べると「シミがなかったことに」なる優秀食材とは?

美人の味方!「老け顔化を阻止する」酸化ストレス撃退フルーツとは

綾瀬はるかも気になる「ぬか漬け」が美肌にすさまじくいい理由

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方