現代女子に急増中!妊娠しづらくなる「おぞましい婦人病」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婦人科系の病気は、自覚症状が出るまでは他人事に思えてしまうもの。でも放っておくと将来、子どもができにくくなってしまったり、中には美容面でもマイナスな症状が出てしまう病気もあるのです。

今回は、毛深くなってニキビもできてしまう、ショッキングな女性の病気をご紹介したいと思います。

 

■生理不順を放置するとヤバイ!

ある海外のデータによると、月経のある女性の10人に1人が、ある病気で悩まされています。その名は、”PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)”。聞いたことがない方も多いのでは?

実はこの病気、生理不順の方は誰もが疑った方がよい病気。PCOSは排卵障害の1つで、卵胞が育つのにとても時間がかかってしまい、排卵できない病気です。なかなか排卵ができないということは、妊娠のチャンスが少なくなってしまうということ。将来、子どもが欲しい方は、知っていてほしい病気の1つです。

PCOSになると、次のような症状が出ます。みなさんは大丈夫でしょうか。

(1)月経周期が35日以上

(2)月経が順調だったのに不規則になった

(3)ニキビが増える(男性ホルモン値が高くなるため)

(4)毛深くなる(男性ホルモン値が高くなるため)

(5)肥満(BMI値25以上)

またPCOSになると、子宮体癌、高脂血症、糖尿病にかかるリスクが高くなるといわれています。今すぐ子どものことは考えられなくても、ニキビが増えたり、毛深くなったり、太ってしまったり、怖い病気のリスクが高まるなんてショックですよね。

上記に当てはまる方は、ぜひ一度、婦人科を受診してみてください。

 

■もしPCOSになったら……

もし病院でPCOSだと診断されても、心配しすぎないで。病院で治療を受ければ、排卵する確率は十分あり、多くのPCOS患者が妊娠し出産しています。とにかく、まずは生理不順を放置しないこと。

PCOSの治療は、飲み薬や注射だけでなく、排卵を促す漢方や、PCOSの改善によいといわれる”グリスリン”という成分のサプリメントを用いる方法もあります。

また、BMI値が25以上の方はダイエットをすすめられたり、糖尿病または糖尿病予備軍の方は、糖尿病の薬で改善することもあります。

原因がはっきり解明されていないといわれるPCOSですが、血糖値を上げすぎる食事や運動不足、ストレスも原因だと考えられています。やはり、健康と美容の基本は、バランスのよい食事と運動、リラックスが大事。PCOSでない方も、生活習慣を見直してみてくださいね。

 

10人に1人がかかる病気……かなり身近な病気ですよね。年に一度は婦人科を受診して、リスクを減らしていきましょう。

 

【関連記事】

放置するとマジで危険な「月経不順」から脱却する方法3つ

救世主!痛みや倦怠感が和らぐ「生理前に食べるとよい食材」4つ

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

ダイエットしすぎると老化が早まる「無月経」の恐怖

ナプキン選びで大違い!? 意外と知らない生理時の肌悩み実態