ビール腹よサラバ!カロリーカット「ビール●●割り」アレンジ術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日のビールはやっぱり最高! でも女性なら気になってしまうのが、そのカロリーです。中年男性のようなビール腹には絶対なりたくないし、でもあの爽快感は楽しみたい。

そんな方におすすめしたいのが、ビールをさまざまなドリンクで割ったアレンジ法。カロリーやビールの苦みは抑えて、女性にとって飲みやすい味になる、そんなアレンジレシピをご紹介しましょう。

 

■1:ビールの炭酸ジュース割り

ビールをジンジャーエールで割った”シャンディーガフ”というカクテルがあるように、炭酸の飲み物とビールの相性は抜群。フルーツ系の炭酸ジュースなら、爽やかなフルーツの香りが広がって美味しさがアップします。

また、ビールの苦味が苦手な方は、サイダーなどの甘めの炭酸ジュースをプラスすると、ビールの苦味が抑えられます。カロリー控え目の炭酸ジュースにすれば、ビールそのものだけを飲むよりもカロリーを抑えることができるでしょう。

 

■2:ビールのレモン割り

レモン汁をビールにプラスすると、爽やかな味わいが増して、暑い夏にはぴったりのドリンクになります。甘味が欲しい方やビールの苦味が気になる方は、はちみつを少し加えるのがおすすめ。レモンスカッシュやライムなどでも代用可能です。

 

■3:ビールのトマトジュース&アップルジュース割り

ビールは、フルーツジュースともよく合います。トマトジュースとビールを割った”レッドアイ”というカクテルがありますが、自宅で自分で作ってもOK。同様にアップルジュースとビールを割っても、飲みやすい味になります。

ビールだけでは摂れないビタミンを補える点も魅力的。

 

■4:ビールのカルピス割り

カルピスの甘酸っぱさで人気上昇の割り方。カルピスの濃厚な味で、まろやかな味わいになります。お好みでレモン汁を少し加えてもおすすめです。

 

低カロリーのビールを選べば、よりヘルシー。ビールによって味も異なりますし、割る物との割合を変えてみながら、自分好みの味を見つけてみてくださいね。夏は、ビールを楽しみましょう!

 

【関連記事】

安い肉も超柔らかに!発癌物質も抑制する「ビール漬け肉」の効能

流行中のノンアルビールで作るヘルシーなカクテルレシピ5つ

お店の美味しい生ビールのように缶ビールを飲むコツ4つ

悪酔い予防はダイエット効果もあった!美人流賢いお酒の飲み方

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術