彼も後ずさり!頭皮がクっサい「おっさん臭」になっちゃうNG習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふとした瞬間、頭皮からイヤ~な臭いが漂ってきた……そんな経験、ありませんか? 加齢臭のような脂っぽい臭いがしたなら、それは、残念頭皮の始まりかもしれません。

そこで今回は、頭皮がおっさん臭になっちゃうNG習慣を5つご紹介します。

 

■1:頭皮をキチンと洗えていない

実は、頭皮は皮脂量が多い箇所でもあり、Tゾーンの2倍もの皮脂腺があります。汗をかきやすいこの時期、頭皮はいつも以上に皮脂量を分泌しており、さらに普段の生活習慣とが重なって、頭皮の毛穴には皮脂や汚れが蓄積されやすいのです。

蓄積された汚れは酸化し、腐ってしまいます。これが頭皮のイヤ~な臭いの原因となり、フケやかゆみ、薄毛なども引き起こしてしまいます。

まず、シャンプー時、頭皮までしっかり洗えていますか? 自分では洗えているつもりでも、マイクロスコープで見てみると、地肌に洗い残しがあることも……。

頭皮用の洗浄ブラシを使ったり、週に1~2度、頭皮の汚れを落とすクレンジングシャンプーを使用すると、頭皮の汚れをスッキリ取り除くことができますよ。

 

■2:すすぎ不足も臭いの原因に

シャンプーで一番大切といわれているのが“すすぎ”です。すすぎ残しがあると、汚れや皮脂が毛穴をふさぎ、雑菌を繁殖させてしまいます。

ただシャワーで流すのではなく、シャワーを当てながら指で頭皮を優しく擦る、頭皮に直接お湯を当てるイメージで行うと、しっかりすすぐことができますよ。

 

■3:しっかり乾かせていないと臭いを発生

雑巾をそのまま放置してしまうと、生乾きのような臭いがすることがありますよね。頭皮も同じで、シャンプー後、すぐに乾かさずに長時間濡れたまま放置する、ドライヤーを使わずに自然乾燥すると、頭の湿度が高くなります。これが雑菌を繁殖させ、イヤな臭いの原因となるのです。

 

■4:お肉メイン&ジャンクフードな食事

食生活の乱れがお肌に出てしまうように、頭皮にも悪影響を与えてしまいます。ジャンクフードや肉類、チーズなどの動物性たんぱく質や脂肪を含む食品は、悪臭の元となるだけでなく、皮脂腺の分泌を活発にしてしまいます。気をつけましょう。

 

■5:ストレスのある生活

意外なことに、皮脂の分泌異常を引き起こす一番の原因は、ストレスだそう! さらにストレスによって発生する活性酸素と脂質が合体し、過酸化脂質となることで頭皮の臭いを強めてしまいます。

過酸化脂質は、発ガン、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすとされており、ストレスを溜めないことが美容や健康面においても大切です。

 

いかがでしたか? シャンプーの仕方、食事に気を使う、ストレスを溜めないことが頭皮の臭いを防ぐコツです。夏場でも、爽やかなスッキリ頭皮でいたいですね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】足元が抜群にキレイに見える!「ロールアップ」の仕方

※ 本命カノジョにはなれない…「頭皮ブス」が招く深刻な悲劇とは

※ スイーツ好きは危険!「頭皮が臭くなる」原因の食べ物はアレだった

※ 知らないと損!真夏の「ギトギト頭皮」をスッキリさせる方法とは

※ 超ショック!女の頭皮から出る悪臭は「サンマ以上」と判明