20代の半数が朝は水洗顔!「水のみor洗顔料使用」どっちが正解?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「朝は水だけで顔を洗うべき」という情報を聞いたことはありませんか? 肌のうるおいを守るためには、朝は洗顔料を使わない方がよいといわれていますが、果たして本当なのでしょうか。

今回は、朝の洗顔についての調査を基に、朝洗顔の正しい方法を検証します。

 

■40代50代では洗顔料使用派が多数

株式会社プラスリードが行った朝の洗顔についての調査によると、年代別に朝の洗顔方法に違いがありました。

水やぬるま湯で洗うか、洗顔料を使用して洗うかという問いでは、女性の20代、30代、60代以上は、水かぬるま湯洗顔派が5割を超えているのに対し、40代、50代では、洗顔料を使用している人が、半数を上回っています。

201407043Tsugita近年では、モデルや女優さんが朝は水洗顔をしているという情報や、洗いすぎは肌の乾燥を招いて老化につながるという考えが浸透しています。

20代、30代の女性の半数以上が、水かぬるま湯洗顔にしているのは、美容情報に敏感だからかもしれませんね。

 

■朝の洗顔”水だけor洗顔料使用”正しいのは?

では、本当に朝の洗顔は、水だけで洗うのが正解なのでしょうか。答えは、”肌のコンディションによる”といえるでしょう。なんともスッキリしない答えですが、自分の肌の状態に合わせてお手入れをするのが、スキンケアの基本の”き”なのです。

朝に水洗顔がすすめられる理由は、夜にきれいに顔を洗い、お手入れして眠っただけの肌は、洗顔料ほどの洗浄力は、必要ではないからとされます。

特に、洗顔料を使用している人が多かった40代や50代は、皮脂量が少なくなってくる年齢。皮脂は吹き出物やべたつきの原因として嫌われがちですが、肌を保湿し、外敵から守ってくれる重要なもの。必要な皮脂まで落としてしまう洗顔方法では、肌の乾燥が進みバリア機能も弱まってしまうので、肌荒れやシミ、老化を招いてしまうのです。

しかし、10代や20代で水で軽く洗ってもTゾーンがぬるつく方は、部分的に洗顔料を使って洗った方がよいでしょう。また、年齢を問わず、水で洗っても前日の夜に使ったクリームが顔に残ってしまう場合は、洗顔料を使ってもよいといえます。酸化してしまったクリームが、顔に残っているのはよくありません。

夏場や生理前の黄体期は、皮脂が多く分泌されます。水で洗ってもぬるつくときは、洗顔料を使ってもよいでしょう。乾燥を防ぐためには、ミルククレンジングの使用がおすすめです。

肌になじませて、タオルやガーゼなどでやさしく拭き取って洗い流せば、うるおいをキープしながら余分な皮脂を取り除くことができますよ。

 

朝の洗顔は、自分のお肌状態を見極めて、水or洗顔料使用を決めてくださいね。まずは朝、鏡で自分の肌状態を確認するところから始めるとよいですよ。

 

【関連記事】

「1日6食vs.1日2食」より効果的に痩せられる方法はどっち?

「赤ワインvs.白ワイン」美容効果が高いのはズバリどっち?

どっちが正解?「ロングvs.ミディアム」白髪が目立たない髪型は

※ 【動画あり】全方位で美人!簡単「フィッシュボーン」ヘアアレンジ術

「コットンvs.素手」化粧品の付け方は結局どっちが正しいの?

 

【参考】

朝の洗顔についての調査 – 株式会社プラスリード