痩せたい…でも我慢できない!「砂糖断ち」するための代替品4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

甘味をプラスしたコーヒーや紅茶、スイーツ、煮物などの和食には、私たちが想像する以上に砂糖が使われています。

このような食べ物、飲み物から砂糖を摂取すると、脳内にはドーパミンやセロトニンが放出され、幸福感や満足感を得ることができます。しかし、砂糖には常習性、中毒性があり、体や心、肌にさえ悪影響を及ぼす恐れがあるということが、近年明らかになっています。

これは、甘い物が好きな方にとってはツライ現実ですよね。でも、「どうしても甘い物が食べたい!」というときは、甘味料を試してみるとよいですよ。

今回は、甘い物を我慢できないとき、オススメの甘味や甘味料を4つご紹介します。

 

■1:メープルシロップで上品な甘さを取り入れる

メープルシロップは、サトウカエデという樹木の樹液を煮詰めて作ったもので、コクのある上品な甘さが特徴です。

白砂糖や黒砂糖、ハチミツと比べてもカロリーが低いだけではなく、カルシウム、カリウム、亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、アンチエイジングに効果があるポリフェノールも含んでいます。

 

■2:ハチミツで美肌作りにも役立てる

ハチミツは甘味度が高く、砂糖1/3の量で同じような甘さになります。これはつまり、砂糖を使うよりも、ハチミツを代用した方がカロリーが低くてすむことをあらわしています。

それだけではなく、ハチミツにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCが含まれているので、美肌作りにも効果的。また、疲労回復を早めたり、腸内環境を整えることにも期待できます。

 

■3:てんさい糖で体を温め腸内環境も良好に

てんさい糖は、砂糖大根のてんさいを原料としています。てんさいは、北海道などの寒冷地で栽培されるため、体を温める作用があるのが特徴。

てんさい糖に含まれるオリゴ糖は、腸内のビフィズス菌の栄養源となり、腸内環境を整えてくれるので、便秘に伴うニキビや吹き出物にお悩みの方にもオススメです。

白砂糖のように精製されていないので、時間をかけて消化される分、血糖値の上下も緩やかです。

 

■4:フルーツで自然の甘さを摂取

甘い物が食べたくなったときの味方といえば、フルーツです。フルーツの自然の甘さは、「甘い物が食べたい」という欲求を満たしてくれます。さらに、食物繊維やビタミン、ミネラルを含むものが多いので、美容、健康効果を得られるのも嬉しいですよね。

日常的にフルーツを食べる習慣がない方は、スーパーやコンビニで売っているドライフルーツで代用してもOKです。

 

以上、砂糖断ちをするときに役立つ代替品をお伝えしました。砂糖を控えたいけど甘い物は我慢できないという方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

意外とみんな知らない「砂糖」でシミができるメカニズム

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術

男性が触りたくなる!「毛穴がツルンとなる」栄養素の上手な摂り方

夏も体はブクブクむくんじゃう…絶対摂るべき「むくみ改善」フード

救世主!痛みや倦怠感が和らぐ「生理前に食べるとよい食材」4つ