整腸作用だけじゃない!ヨーグルトが「ダイエットに向いている」本当の理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ますます暑さが厳しくなるこの時期、「夏バテ知らずのダイエットがしたい! 」という方も多いのでは? 夏の定番ダイエットといえば、やはりヨーグルト。そこで今回は、およそ7500種類以上あるといわれるヨーグルトの中で、”ダイエットに向いている乳酸菌の選び方”をご紹介します。

 

■運命の乳酸菌ヨーグルトの見つけ方

(1)トクホマークを目安に

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、その全てが生きたまま大腸に届くわけではなく、中には胃で死んでしまう菌もあるのです。

このとき、ヨーグルト選びの目安となるのが“トクホマーク”(特定保健用食品の略)です。トクホマークは、生きて腸に届くことを証明した商品にしか付けることができません。是非参考にしてみて下さいね。

(2)まずは1週間試してみる

日本で売られているヨーグルトは7500種類以上あり、使われている菌株もそれぞれ異なります。自分の腸内環境に合ったヨーグルトを見つけるには、まずは1週間、1日200~250グラム以上のヨーグルトを毎日続けて食べてみましょう。その後の、お通じの様子も目安にすると良いですよ。

(3)働き者の菌株をチェック

細菌の基本単位は、“菌株”。それぞれの菌株ごとに性格や得意分野が違い、自分にあった菌を選ぶことが大切です。

 

■あなたにあった菌はどれ?効能から選ぶ“逆引き辞典”

(1)内臓脂肪低減効果…ガセリ菌SP株

ガセリ菌SP株は、わたしたちのおなかと相性のいい、日本人由来の乳酸菌です。世界で初めて、生きて腸に届くだけでなく、長くとどまることが科学的に確認されており、ガセリ菌SP株には、内蔵脂肪蓄積抑制効果や免疫力増強効果も確認されているようです。

(2)便秘改善…乳酸菌シロタ株

乳酸菌 シロタ株は、胃液や胆汁などの強い消化液に耐えて生きたまま腸内に到達し、もともと腸内に住むビフィズス菌が増加し、大腸菌が減らすなど、整腸作用があると言われています。

今回ご紹介したポイント以外でも、『腸内改善ラボ』というこちらのサイトなら、簡単に自分にあったヨーグルトを見つけることができます!

名称未設定

 

この夏はヨーグルトで腸内環境を整え、痩せ体質をゲットしちゃいましょう!

 

【参考】

※ 腸内改善ラボ