夏バテを救う!元気が出ないときに頼りになる「最強栄養素」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の終わりには、不摂生をしたツケがドッと押し寄せてきて、「胃腸の具合が悪い」「食欲がない」「力が出ない」「ダルい」といった、夏バテの症状に悩まされる方が急増します。

そこでまた、手軽だからといって、冷たい物や飲み物ばかり摂っていては、体調不良は悪化する一方……。

では、夏バテをしないために、あるいは夏バテをしてしまったとき、食事面ではどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

 

■1:クエン酸を摂る

梅干しや酢、レモン、グレープフルーツ、キウイには、クエン酸が含まれています。クエン酸や酢酸、リンゴ酸には、疲れのもとになる乳酸を分解し、疲労回復を早める作用があります。

「疲れた……」と感じたときは、上記の食べ物を積極的に活用しましょう。

 

■2:ビタミンB群を摂る

ビタミンB群は、豚肉、うなぎ、豆腐、玄米、レバーなどに含まれています。ビタミンB群は、疲労物質である乳酸を、エネルギーに変える手助けをします。

しかし、ビタミンB群には水溶性のものが多く、体内に溜めておくことができないので、食事やサプリメントからこまめに摂取する必要があります。

 

■3:ムチンを摂る

ムチンは糖質とタンパク質の複合体で、納豆やおくら、山芋などのネバネバした食材に含まれています。タンパク質の吸収を促したり、胃粘膜の保護をしてくれるので、冷たい物を食べて胃腸が弱っているときや、夏風邪をひいているときにもオススメです。

 

■4:タンパク質を摂る

タンパク質といえば、大豆食品、肉、魚、卵に豊富に含まれています。タンパク質が不足すると、内臓の働きが衰えて、夏バテしやすくなります。夏には適量をしっかり食べましょう。

 

■5:カリウムを摂る

カリウムは、さといも、納豆、バナナ、枝豆などに含まれています。カリウムには、神経や筋肉の働きを正常に保つ作用があり、不足すると、それぞれの働きが悪くなって脱力感を引き起こすようになります。

また汗をかくことでも、カリウムは大量に失われます。汗をかきやすい季節は、さといもや納豆、バナナ、枝豆を積極的に摂って、カリウムを補うようにしましょう。

 

以上、夏バテをしたときに摂りたい栄養についてお伝えしました。献立を考えるときの参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

イタ女子になってない?「夏ブスになる人」がやるNG美容習慣5つ

夏も体はブクブクむくんじゃう…絶対摂るべき「むくみ改善」フード

健康的に美しく!ローラや中村アン級の「モテ小麦肌」になるコツ

ワキだけじゃない!夏に多い「顔がクサい女性」がやってるNG習慣

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術