「感じ悪い」と言われる人必見!イライラを抑える魔法の食材とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さや疲れでイライラ、集中力が保てなくてイライラ……など、日常生活の中でイライラしてしまうシーンって、たくさんありますよね。

さらに、そのイライラを少しでも表に出してしまった日には、”怖い人””感じの悪い人”という烙印を押されてしまいます。

しかし、中にはわかっていても、イライラを抑えられないという方も少なくないはず。そんな方には、下記のイライラを抑えてくれる食べ物を取り入れることをオススメします。

 

■1:バナナでリラックスする

バナナには神経の興奮を抑え、リラックスさせてくれる作用のあるホルモン、セロトニンを作り出すトリプトファンと、ビタミンB6が含まれています。これらが、イライラを抑えるのに役立ちます。イラ立ったときは、バナナを摂りましょう。

 

■2:うなぎや豚肉で疲れを取る

うなぎや豚肉に含まれるビタミンB1。このビタミンB1が不足すると、脳や神経の栄養源であるブドウ糖が生成されず、神経の働きが鈍ってイライラしやすくなります。

ビタミンB1には、疲れや集中力の低下を改善する効果もあるので、積極的に摂りましょう。

 

■3:ブルーベリーでストレス解消

ブルーベリーには、ストレスを感じると分泌されるコルチゾールの生成を抑える効果があります。カルシウムを含むヨーグルトと合わせて食べるのもいいですね。

 

■4:くるみで精神を安定させる

くるみにはストレスを撃退するビタミンB1や、葉酸、マグネシウム、銅、亜鉛などのミネラルが豊富で、精神を安定させるのに効果を発揮します。

また、ストレスを感じると、ビタミンCを大量に消費します。ビタミンCは、ストレスに対する抵抗力を高める働きがあるので、こまめに摂取するようにしたいですね。

 

以上、イライラを抑える食べ物をお伝えしました。上記4つの食べ物なら、毎日の食事に簡単に取り入れることができるのではないでしょうか? イライラとさよならしたい方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

夏も体はブクブクむくんじゃう…絶対摂るべき「むくみ改善」フード

憧れの美人サポーターに!キレイを作る「南米原産」美容フード4つ

救世主!痛みや倦怠感が和らぐ「生理前に食べるとよい食材」4つ

どんな時でもスムーズに入眠できる「魔法のドリンク」4つ

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術