海外でも話題の「SNSすっぴん投稿」はアリorナシ?本音を調査

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の女性タレントが、ブログにすっぴんをアップすると、必ずといっていいほど話題になります。これは日本だけの特徴なのかと思いきや、どうやら海外でもすっぴんが流行っているようです。

さまざまなニュースを取り上げて紹介するサイト『The XX Factor』では、ツイッターやブログですっぴん画像を投稿すると、がん検診キャンペーンに寄付できるという取り組みが紹介されていました。

メイクを脱ぎ捨てることで、男性と対等になろうとする新しいフェミニズムの誕生なのでしょうか? それとも面倒だからお化粧をしたくないだけ!? 同じすっぴんでも受け取り方は、さまざまなようです。

でも、どんなに美人でもノーメイクを写すとなると、ちょっと抵抗があるものですよね。そこで今回は、すっぴん画像に焦点をあててみました。

 

■SNSで寝起きのすっぴん写真投稿……反応は?

海外では歌手のビヨンセやリアーナ、モデルのミランダ・カーやアドリアナ・リマが、美しい寝起き顔を投稿し、絶賛されていました。

フローレスな肌やナチュラルな雰囲気は、性別を問わず広く受け入れられたようです。 しかし、これを一般人の私たちがやってしまうと、少し自意識過剰という意見も!? 

「画像変換アプリで加工したすっぴん画像を投稿する友達には、”綺麗だね”と言わなければいけないような気持ちになります。無言のうちに”いいね”を強要をされているようで、ちょっと引きますね」(広告代理店・36歳)

どうやらあまりいい印象を受けないという意見や、投稿者の思惑を必要以上に感じ取ってしまう人もいるようです。

 

■すっぴん風メイクは好印象

ビジネスでは、最低限のお化粧をすることがマナーになっています。なぜ女性だけがお化粧をしなければいけないのか、という意見もあるようですが、紫外線からお肌を守るためにも、UV効果のあるファンデーションを使うことが、女性差別に直結しているわけではありません。

むしろメイクで、自分のイメージを操れると考えれば、ビジネスでも得をする場面もありそうです。

とりわけナチュラルな雰囲気のすっぴん風メイクは、年代を問わず人気が高いもの。毛穴やくま、くすみを上手にカバーしてすっぴん風メイクを楽しむためにも、スキンケアには力を入れたいですね。

 

誰もが情報を発信できるSNSの場は、コミュニケーション疲れも指摘されています。疲れない投稿とコメントを心がけたいものですね。

 

【関連記事】

SNSの写真はリスクだらけ!自分の身を滅ぼすうかつな防犯意識

痩せる上に親しみやすい人になれる「SNS投稿ダイエット」!?

専門家が分析!次に流行るのは「つながらないSNS」

SNSで拡散されてもOKな「写真写り」になるためのテク7つ

※ 【動画あり】浴衣が似合う顔に変身!「和風美人」になれるメイク術

 

【参考】

※ Not Wearing Makeup: Is It Feminism, Laziness, or the Rise of Cosmetic Normcore? – The XX Factor